栄養士の専門学校では、何が学べるの?


栄養士の専門学校 どんなコースがあるの?

京都栄養医療専門学校の栄養士科は、2年制です。1年次は基礎を高める時期、2年次は専門性を深める時期です。2年次からは自分が「なりたい栄養士像」に合わせ、4つの専門コースから専攻するコースを選択することができます。いずれのコースでも、卒業と同時に栄養士の資格を取得することができます。

 

病院・福祉栄養コース

まず1つ目に、病院・福祉栄養コースをご紹介します。
このコースは主に「病院や福祉施設で活躍する栄養士になりたい」人が選択しています。
このコースを専攻し、栄養士の資格を取得すると、

  • 病院の栄養士
  • 社会福祉施設の栄養士
  • 公務員の栄養士

などを目指すことになります。

病院の栄養士は、患者さんの給食の献立を考えたり、実際の調理や盛り付けなども行います。
病院には同様に『管理栄養士』が在籍していることもありますが、業務内容としては、主に管理栄養士が栄養管理や栄養指導を、栄養士がフードサービス(給食業務)を担当することが多いようです。

社会福祉施設の栄養士とは、分かりやすくいえば高齢者施設や障がい者施設などでの栄養管理、栄養指導、献立作成、調理やフードサービスを担当しています。

公務員の栄養士はイメージしにくいかもしれませんが、これは「行政栄養士」とも呼ばれるお仕事です。行政の施設としては、保健センターや保健所などがあり、主に一般住民に向けた栄養指導や食育活動などを行っています。

 

保育園栄養士コース


2つ目に、保育園栄養士コースをご紹介します。
このコースは主に「保育園の栄養士になりたい」人が選択しています。
このコースを専攻し、栄養士の資格を取得すると、

  • 保育園の栄養士
  • 児童福祉施設の栄養士

などを目指すことになります。

保育園の栄養士の主な仕事は、保育園に通う子どもの栄養管理と食育です。
保育園とは、基本的に両親ともに働いている家庭の子どもに対し、日中の養育と教育を行うところです(養育と教育を合わせて「保育」と呼びます)。そのため、子どもたちの昼食には給食を提供します。
保育園によって在籍する子どもたちの年齢は違いますので、給食の内容もすべて同じではありません。学年によって、「おやつ」があるかどうかが違うことがありますし、離乳食やきざみ食が必要な子どもたちもいます。また、アレルギーへの対応や、子どもたちへの「食育」という大事な役目もあります。

児童福祉施設とは、児童福祉法という法律で定められた施設が複数ありますが、実は保育園も、児童福祉施設の一つです。他には、児童養護施設や障がい児入所施設など、さまざまな施設があります。いずれの場所でも、給食を必要とするところは、栄養としての役割があります。献立の作成、調理や配膳などのフードサービス、子どもたちの栄養管理、そして食育です。子どもたちだけではなく、場合によってはその保護者に対しても、栄養指導を行うことがあります。

 

スポーツ栄養コース

3つ目には、スポーツ栄養コースをご紹介します。
このコースは主に「スポーツの分野で働く栄養士になりたい」人が選択しています。
このコースを専攻し、栄養士の資格を取得すると、

  • プロスポーツチームの栄養管理スタッフ
  • スポーツクラブの栄養アドバイザー
  • 部活動の寮母

などを目指すことになります。

スポーツ分野の栄養士は、みなさん、イメージできるでしょうか。

例えば、プロスポーツチームに所属し、チームの選手への栄養管理などを行う、という働き方があります。オンシーズンとオフシーズンでの献立の違いをアドバイスしたり、試合前と試合後での食事内容を指導することもあります。

また、スポーツクラブに所属する栄養士もいます。ここでは、スポーツクラブの会員に対し、目指す姿に近づけるための栄養指導を行います。例えば、健康的にダイエットをしたい方へのメニューをアドバイスしたり、個別プログラムを組むような方には、1週間の献立を考え、実際の食事内容との違いからさらにダイエットに向けたアドバイスをすることもあります。

 

フード・食品開発コース

4つ目は、フード・食品開発コースをご紹介します。
このコースは主に「食品開発や給食に携わりたい栄養士になりたい」人が選択しています。
このコースを専攻し、栄養士の資格を取得すると

  • 給食会社の栄養士
  • 食品開発・研究分野の栄養士
  • 外食産業の栄養士
  • クッキングインストラクター

などを目指すことになります。

これは、前述の3つのコースとは、少し違う点があります。それは、特定の誰かに栄養指導を行うのではなく、広く一般の人に向けて食を提供するという点です。このコースでは、より専門性を高めるプログラムとして、食文化に関する知識を学ぶ講義や、フードマネジメント(食材の調達から調理、提供まで、食に関するビジネスや経営について学ぶ)に関するプログラムがあります。

これらのスキルを身に付ると、例えば給食会社や外食産業において新しいメニューを考案したり、食品メーカーにおいて新商品の開発などで活躍できる能力を身につけることができます。

栄養士の専門学校、何を学べるの?

栄養士は、特定の誰かだけではなく、広く一般の人にも、栄養を考慮したメニューや食品を提供していくお仕事です。
「栄養」は目に見えないものですが、私たちのからだを作り、動かし、健康を維持していくために重要なものです。
目に見えないものだからこそ、理論やエビデンスに基づいた、正しい知識と技能で、管理していくことが必要です。

 

栄養士として必要な知識

もっとも重要なのは「栄養」に関する知識です。
実際にからだの中に取りこんだ栄養が、私たちのからだにどのような影響をもたらすのか、そのメカニズムも知っておく必要があります。
栄養士科では次のようなカリキュラムが組まれています。

【1年次】

  • 食べ物と健康
  • 調理学実習
  • 食品衛生学
  • 基礎栄養学
  • 献立作成演習
  • 基礎生物化学
  • 栄養教育論

これはほんの一例ですが、他にも食品学実験や健康運動演習などがあります。

【2年次】

  • 公衆衛生学
  • 社会福祉概論
  • 福祉栄養学
  • 給食実務実習
  • ライフステージ栄養学

この他、専門コースごとに、メディカル栄養実践演習、保育実践演習、健康トレーニング学、食品開発演習などがあり、校外実習として病院や高齢者福祉施設などでの業務を体験するというカリキュラムもあります。

 

「栄養」の知識が生かされる、さまざまな分野

「栄養」は、私たちが生きるために、もっとも重要なものです。
小さな子どもが健康に成長できるように、今元気な人はさらに元気に長生きできるように、病気のからだを少しでも健康な体に近づけるように、日々の生活の中で常に気を配っていくものといえます。また、栄養の取り方を少し変えると、今よりもっと健康な姿に近づいたり、より強靭なからだを作っていくこともできます。

前述のように、どの専門コースを専攻するかで、将来進む道は少しずつ違います。もちろん、基本的な知識や技能は習得していますので、病院・福祉栄養コースを選択しても、いずれ保育園やスポーツ関係の施設などのお仕事に従事する人もいるでしょう。それだけ、「栄養」の知識は、さまざまな分野で必要とされているのです。

 

常にプロであるための心構え

栄養士科のカリキュラムの中には、「栄養管理とは関係ないのでは……」と思われるものもあります。
例えば、「ホスピタリティマインド」や、「公衆衛生学」などです。

「ホスピタリティマインド」とは、レストランなどの外食産業や、ホテルなどの観光業界などで使われることが多言葉です。お客様に対して食品などを提供する「サービス」に対して、それらの質をより高めることができるような考え方をさします。ホスピスとは、「歓待」「親切で丁寧なもてなし」「思いやり」などと同じような使われ方をします。マインドは「心」です。つまり分かりやすい言葉でいえば「おもてなしの心」でしょうか。

例えば、少し高級な飲食店で「おしぼり」が出てくるのはサービスですが、さらに「お疲れさまです」と声をかけることは「おもてなし」とされます。この様に、相手の状況を見ながら相手を気遣い、ほっと安心できるような振る舞いが、ホルピタリティマインドと考えると良いでしょう。

一方の「公衆衛生学」は、健康について社会的な水準で考える学問です。例えば、栄養との関連性が深いところでは、生活習慣病を予防するためにはどうすれば良いか、感染症にかからない食生活や栄養とは何なのかなど、栄養の取り方とからだの健康に関することを学びます。実際のカリキュラムの中では、公害や疫病、自然などの環境問題について、地球レベルで現状を理解し、さらに労働衛生についても学びます。

栄養士の専門学校を出ると、何ができるの?

栄養士は、専門学校を卒業すると同時に、栄養士の資格を取得することができます。都道府県知事への申請が必要ですが、国家資格を取得することができるのです。栄養士の資格は、一度取得すれば更新制度などはなく、栄養士としてずっと働くことができます。

 

さまざまな働き方

栄養士の働き方は、実にさまざまです。人が集まるところ、人が食事をとるところには、必ず「栄養」という知識が役立ちますし、その専門スキルを持たない人からみれば、栄養士のスキルとは自分たちの健康に関わる、重要なスキルです。例えば、次のような働き方があります。

  • 献立を作成する:健康な人に対してはより健康に、病気やケガで健康とはいえない人はより健康なからだに近づくように、日々の食事の内容を決めていきます。基本的には、数週間単位で献立を新たに作成することが多く、場合によっては1日3回、4~6週間分の献立をまとめて作成することもあります。献立を必要とする人の中に病気をもつ人がいれば、その人だけの治療食の内容を考えることもあります。
  • フードサービス:簡単にいえば、調理と配膳です。給食や外食産業など、さまざまなフィールドが考えられますが、いずれにしても一度にたくさんの食事を調理することになります。場合によっては、食べやすい大きさに刻むこと、飲み込みやすい粘度(トロトロ感)に仕上げるなど、その食事を必要とする人の状況によって、少しずつ調理方法を変えることもあります
  • 食育:食育とは、日本に古くからある言葉ではありません。2005年に食育基本法が成立して一般にも「食育」という考えや教育が広がりましたが、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化について学ぶことで、心身の健全な発達を図ろうとするものです。栄養士の役割としては、子どもたちに正しい食についての教育を行い、子どもたちの食に対する興味を引き出したり、残さず食べる、美味しく食べる習慣を身に付けるよう導くことにあります。
  • 栄養管理:これは、健康な人に対して行う場合、病気がある人の場合、高齢者など栄養や食事に課題がある人の場合など、対象となる人の状況によって内容が変わります。しかし共通しているのは「今よりもっと健康に、元気なからだをつくる事」です。

 

さまざまな働く場所

栄養士が活躍できるフィールドは、とてもたくさんあります。その一例をあげてみます。

  • 給食会社:主に、学校給食、施設や病院などへの給食などに関わります。京都栄養医療専門学校の卒業生が就職する先として、もっとも多いのがこの給食会社です。
  • 保育園:子どもたちの給食に関わります。時には子どもたちへの食育というお仕事もあります。
  • 健康産業:薬品やスポーツ分野で関わることもありますが、健康食品の開発、アスリートへの栄養管理、スポーツジムなどでの栄養管理などに関わります。
  • 食品会社:新しい食品の開発に関わったり、安全な食品を提供する過程などに関わります。
  • 外食産業:お客さんに提供するメニューやレシピを考案したり、実際の調理を行います。
  • 社会福祉施設:高齢者施設や児童福祉施設などで、献立の作成やフードサービスを担当します。

いかがでしょうか。栄養士の専門学校では、「栄養」という人が生きるためにもっとも重要なことを中心に、さまざまなカリキュラムで多くの知識と技能を身に付けることができます。活躍できるフィールドも、実にさまざまです。自分がどのようなスタイルで栄養と関わっていきたいのかをじっくりと考えながら、夢に向かってたくさんのことを学んでください。