京栄校What'sNew

京栄校What'sNew

管理栄養士科4年生の総合セミナーⅡ

2012年06月15日

みなさんこんにちは猫 
先日、管理栄養士科4年生「総合セミナーⅡ」の授業内で、
京懐石のお店『近又』の鵜飼治二(うかい はるじ)先生を講師にお招きし、
講義を行いましたわーい (嬉しい顔) 

「総合セミナーⅡ」とは、
管理栄養士には、学問的な知識や技能だけではなく、
人間的魅力も必要です。
そこで社会で活躍されているさまざまなジャンルの講師をお招きし、
その体験談を中心とした講義を通して、
幅広く豊かな人間性を養いますdouble exclamation 

鵜飼先生は料理人だけでなく、小学校での食育の講演も行っていますひらめき 

小学生との触れ合いの中で、
●売られている惣菜ばかり食べて、家庭の味を知らない児童がいること
●出汁の本当の味を知らない、出汁の取り方を知らない児童が多いこと
●和食のマナーを知らない児童がいること
などを写真とともに説明されましたexclamation  
 

鵜飼先生は、
この40~50年で日本は豊かになったけれども、
決してそれに甘えないで、和食・和の文化を自ら調べて、
良いもの・悪いものを見極めて判断できる力をつけてほしいパンチ 
と学生にエールを送っていました。位置情報 位置情報


≪学生に一言インタビュー≫
・長い歴史のある日本の文化を大切にしたいと思ったぴかぴか (新しい) 
・食材の命をいただいていることを忘れず、感謝して食べようと思う猫2
・日本料理の深さを伝えたいと思った手 (パー)
・日本のことをしっかりと知った上で世界に羽ばたきたいと思ったグッド (上向き矢印)

学生は今回の講義を通して、
鵜飼先生の幅広い知識を吸収したようですねうれしい顔
これからも、社会人としての管理栄養士の自覚を
身に付けていってくださいねdouble exclamation double exclamation


この記事へのトラックバックURL

http://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/news/120615-kanri-sogo-seminar/trackback/