京栄校What'sNew

京栄校What'sNew

栄養士科1年:食品学実験の様子をご紹介! ~前編~

2017年11月20日

加熱する温度と時間で卵の固まり方はどう変化するの?

 

みなさんこんにちは晴れ
栄養士科助手の谷村です手 (チョキ)

本日は栄養士科1年生食品学実験の様子をお届けします目
今回のテーマは「卵の熱凝固性」~前編~exclamation

卵の主な成分であるたんぱく質は、熱を加えると固まるという性質があります。
今回はその性質を利用して卵が固まる温度と時間の関係を実験していきますひらめき 

使用した卵は100個以上exclamation とっても多いですdouble exclamation 

まずは、ゆで卵の実験ですひよこ
生卵を60℃70℃80℃100℃のお湯の中に入れて、
5分10分15分30分1時間のタイミングで卵を取り出しますパンチ

卵に温度と時    間を書いていきますペン

それぞれの温度のお湯の中に入れて、

時間になったら卵を取り出して、殻を剥いていきますぴかぴか (新しい) 
出来あがったものを並べると…

30分までの結果はこちらバッド (下向き矢印)

60℃のお湯の中で加熱した卵は30分間加熱しても固まりませんでしたひらめき
その後60℃のお湯の中で1時間加熱した卵はどうなったと思いますかexclamation and question
興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいあっかんべー

最後に、どの硬さの卵が好みかみんなに指してもらいましたるんるん (音符)
学生は半熟の卵がお好みだったようです黒ハート
みなさんはどの硬さがお好みですかわーい (嬉しい顔) 

この結果を踏まえて、後編ではさらに卵に色んな食材を混ぜて加熱した際の様子を観察しますdouble exclamation 
かなり、面白い結果になりましたよ~~わーい (嬉しい顔) 

栄養士面白そうexclamation と思ったらオープンキャンパスへGOdouble exclamation

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/news/171118-1/trackback/

  • taiwaの進学相談会へ行こう!