医療事務・医療秘書科
医療情報コース

学科・コース

情報システムのプロとして医療機関の運営を縁の下で支える。

医療事務・医療秘書科 医療情報コース

電子カルテの導入など、情報システム化が急速に進む医療機関で、今、ニーズがますます高まる医療情報スタッフを育成。
情報処理の専門的な知識と技能を磨きながら、上位資格である医療情報技師の取得もめざします。

めざす資格・検定

  • 医療情報技師能力検定試験
  • 医療情報基礎知識検定
  • 医事コンピュータ技能検定
  • 電子カルテ実技検定
  • DPC/PDPS初級検定試験
  • ICDコーディング技能検定

卒業後の就職フィールド

  • 医療情報スタッフ
  • 病院情報管理スタッフ
  • 医事コンピュータインストラクター
  • 医事・患者サービススタッフ
  • 地域連携室スタッフ
奥村 葉月 さん(兵庫県/篠山産業高校出身)

専門的な内容も納得するまで教えてくれる先生が心強い!

奥村 葉月 さん(兵庫県/篠山産業高校出身)

パソコンや情報処理は、私もそうでしたが、いままで学んできたことがない分野です。でも、京栄校の先生は納得するまで教えてくれるので心強いですね。 同じ目標を持つ友だちの存在も大きな後押しになりますよ。

時間割例

【1】
9:00
~10:30
医学・医療対策I 医療情報技術II 診療報酬試験対策II(学科) DPC/PDPS演習 診療報酬管理(レセプト点検) スキルアップ・プログラムや補講がない場合はお休み
【2】
10:40
~12:10
ITマネジメント 医療情報基礎対策 診療報酬試験対策II(実技) 検査
【3】
13:10
~14:40
疾病と治療IV(外科系) レセプト演習III(基礎) 医療情報システム対策I 医事実務検定対策II 医療統計学I
【4】
14:50
~16:20
医事コンピュータ技能検定対策I レセプト演習III(応用) キャリアデザインII 情報処理技術対策I 病院実習事前指導

■■ 講義  ■■ 実習・演習

※教育的配慮のもと、一部変更になる場合があります。

その他のカリキュラム

  • アプリケーション
  • アプリケーション演習
  • プレゼンテーション
  • インターンシップI・II・III・IV
  • 薬理学
  • 解剖生理学
  • 診療報酬直前対策
  • 診療情報管理I
  • 基礎課程対策I
  • マルチメディア・データベース演習
  • 夏季集中講座
  • 病院実習
  • ICDコーディング技能検定対策I
  • 疾病分類法総論
  • DPC/PDPS検定対策講座

※カリキュラムは教育的配慮のもと、一部変更になる場合があります。

[医療情報スタッフに求められる] 3つの能力を磨こう!

医療機関を運営するために必要となる情報処理技能や情報システムの企画・運営力、マネジメント能力を実践的に身につけます。

医事コンピュータ技能検定対策I・II

医療情報の基本!「情報処理技能」を身につける!【医事コンピュータ技能検定対策I・II】

「医事コンピュータ技能検定」の合格をめざし、医療情報の正確で迅速なコンピュータ処理技能を習得。段階的に学べるよう、対策I・IIを用意しています。

医療情報技術II

現場で活躍するために!「情報システムの企画・運営力」を高める!【医療情報技術II】

医療情報システムを開発・運用するうえで欠かすことのできない、コンピュータの仕組みやネットワーク・データベース・セキュリティの技術を学びます。

ITマネジメント

医療機関の運営に欠かせない!「マネジメント能力」を深める!【ITマネジメント】

医療情報システムの開発・運用に求められる、基礎的な知識と技能を習得。また、医療情報技師に求められる役割も学び、資格取得をめざします。

中川 雅登 先生

自分で考え、自ら行動する医療情報スタッフを育てます。

中川 雅登 先生

医療情報コースでは、「医療情報技師能力検定試験」の合格を第一の目標としています。
そのために情報処理に必要とされる知識と技能を重点的に学習。
また、ほかの医療スタッフとの連携をスムーズに行えるコミュニケーション能力も身につけます。
学ぶべきことは多いですが、”自分で考え、自ら行動できる”力を養えば、将来、医療機関の運営に携わる人材に成長できますよ。