1. 管理栄養士・医療事務を目指すなら【京都栄養医療専門学校】TOP
  2. 京栄校って?
  3. 学校長挨拶

学校長挨拶

学校長挨拶

学校長挨拶

京都栄養医療専門学校 学校長 影山 弘典
京都栄養医療専門学校
学校長 影山 弘典

「人に奉仕し、人をもてなし、人を幸せにする」ホスピタリティマインドを
兼ね備えた
実践的な専門職業人の養成をめざして

近年、急速に高齢社会が進展するわが国においては、人々の健康の維持増進や疾病の予防、食を中心とした生活習慣の改善、正しい食習慣を身につけ、豊かな人間性を育む食育を推進する管理栄養士、栄養士、栄養教諭の活躍が大いに期待されています。また、病院事務職の中核として高いマネジメント力を有し、医療の質の向上と病院経営に参画できる医療事務医療秘書、医療分野におけるIT化に対応し、先端的な診療情報管理や医療情報システムの一翼を担い、安全で安心な地域医療に貢献できる診療情報管理士医療情報技師のニーズは、日増しに高まっています。

このような中、京都栄養医療専門学校では、1974年の開校以来、大和学園の建学の精神「人の和の広がりを大きくし、もって人類の福祉増進に寄与する」に基づく職業教育を通じて、専門職に求められる高度な専門知識や技能の習得に加えて、豊かな人間性や高い職業倫理、そして「人に奉仕し、人をもてなし、人を幸せにする」ホスピタリティマインドを兼ね備えた専門職業人をこれまで養成してまいりました。今後も本校で学んだ知識や技能を活用して、スペシャリストとして他の専門職種と連携し、社会の変化や複雑かつ困難な課題に対応できる実践的な専門職業人の養成をめざしてまいります。

管理栄養士科では、個人や集団、地域の状況に合わせた健康づくりの施策を提案、展開する能力や適切に栄養管理、給食管理を行うためのマネジメント能力を身につけ、チーム医療に参画し臨床栄養分野で活躍する専門職はもとより、生活習慣の改善にむけた保健指導ができる専門職の育成に取り組んでいます。また、管理栄養士国家試験の100%合格をめざします。

栄養士科では、食に関する幅広い見識と正確な知識と技術をもって、「給食の運営に秀でた調理と献立作成、衛生管理に強い栄養士」の養成をめざします。また、栄養士の資質向上を目的に実施されている「全国栄養士養成施設協会 栄養士実力認定試験」認定Aの100%取得を目標に、栄養士として必要な知識・技能に優れたスペシャリストを養成します。

医療事務・医療秘書科(医療事務コース、病院受付・クラークコース、医療情報コース)・診療情報管理士科(診療情報管理コース・医療情報技師コース)では、2学科5コース体制と専門性を高めるコース選択制を整え、人を思いやる気持ちやコミュニケーション力を育てるメディカルホスピタリティ教育を推進します。また、学生の実務能力の証となる診療情報管理士認定試験医療情報技師能力検定試験診療報酬請求事務能力認定試験をはじめ主要資格検定の合格実績を高めます。

結びに、本校のホームページが、管理栄養士、栄養士、栄養教諭、医療事務、医療秘書、診療情報管理士、及び医療情報技師をめざす皆様の進路、進学選択の一助となりますことを願っております。