1. 管理栄養士・医療事務を目指すなら【京都栄養医療専門学校】TOP
  2. 京栄校って?
  3. ディプロマ、カリキュラム、アドミッション・ポリシーの制定

ディプロマ、カリキュラム、
アドミッション・ポリシー
の制定

ディプロマ、カリキュラム、アドミッション・ポリシーの制定

管理栄養士科

ディプロマポリシー(称号授与の方針、卒業時に必ず身につける能力)

管理栄養士に求められる知識や技術は近年ますます高度化しており、修得した能力を応用して実践し、人類の福祉増進に寄与する人材が求められています。 本校管理栄養士科の卒業生は、急速に変化する実社会において、時代を先取りできる高度専門士として、卒業時に以下の能力や姿勢を身につけておく必要があります。

【知識・技能】

  1. 管理栄養士の資格取得に相応しい基本知識や技能
  2. チーム医療において中心的役割を担うための臨床栄養に関する高度な知識と技術
  3. 個々人に最適な栄養ケアを行うための卓越した調理技術と献立作成能力
  4. 個人や集団・地域の状況に合わせた健康づくりの施策を提案・展開する能力
  5. ITを活用して科学的知見や情報を収集・分析し、根拠に基づいて論理的に判断できる能力
  6. 栄養部門や給食部門を統括・管理し、適切な栄養管理や給食管理を行うためのマネジメント能力

【態度・姿勢】

  1. 管理栄養士の社会的使命や職業倫理、およびホスピタリティマインドを理解し、自らの資格や技能を用いてそれらを表現する姿勢
  2. 対象者の意識の変容を促し、生活習慣の改善につなげられる豊かな人間性とコミュニケーション力
  3. 食文化や食環境に精通し、多彩な食事サービスで対象者をもてなそうとする姿勢
  4. 社会や環境の変化を取り入れ、的確に対応できる柔軟性と俊敏性

カリキュラムポリシー(教育課程編成・運営の方針)

管理栄養士科では、体系的に編成した科目横断型授業により、根拠に基づいて考え、実践できる管理栄養士を目指します。 また、食や栄養に関する学びを広げるための実践的な授業や活動を通し、社会で即戦力として活躍するための職業能力や人間力の向上に努めます。

【基礎分野】

  1. 化学・生物学・数学・語学などの基礎教育を通じ、栄養を深く学ぶための土台を形成します。
  2. 管理栄養士の役割や求められる能力・考え方などを学び、各々が理想とする管理栄養士を目指して人間形成に努めます。
  3. 管理栄養士資格を確実に取得するために、国家試験合格に向けた全般的な能力向上を図ります。

【専門基礎分野】

  1. 社会・環境の視点および人体の構造や機能の視点から、栄養・健康に関するさまざまな問題を幅広く学びます。
  2. 食べ物や料理を科学的視点から学び、理論に基づく高度な調理技術や衛生管理手法を修得します。

【専門分野】

  1. 豊富な実験・実習・演習科目を通じ、基礎分野や専門基礎分野で学んだ理論を専門知識・技術と連動させ、職業として活用できる能力に醸成します。
  2. 生活習慣病や各種疾病に関する知識や予防・改善法、および栄養ケアプロセスの手法を学び、チーム医療の中心的役割を担える人材を目指します。
  3. 給食部門の責任者としての役割を果たすための給食経営管理の手法を学びます。
  4. 1年次からインターンシップ制度を設け、在学中に管理栄養士の実際の業務を数多く体験することで、管理栄養士に求められる知識・技能や姿勢を学びます。
  5. 2年次の食物・栄養実践研究では、食や栄養の分野で生じる様々な課題や問題を深く探求し、調査や観察・実験を経て、各々の解決策や真理を追究します。
  6. 3年次の臨地実習では、現場での活動を通して管理栄養士に求められる専門知識と技術の統合を図り、即戦力として活躍するための実践的な能力を高めます。
  7. 4年次には4つの選択コースを設け、それぞれの就職先で求められる知識や技術をより専門的に学ぶことで、各分野のスペシャリストを目指します。

【教職に関する科目】

  1. 栄養教諭第1種免許を取得するための課程を設け、食育を通じて子どもたちの成長に関わる教育手法を学びます。

アドミッションポリシー(求める学生像)

管理栄養士科では、栄養・医療・福祉・保健・食育に関する問題を学び、修得した知識や技術、幅広い見識を用いて社会で活躍することで、社会に貢献できる管理栄養士の養成を目標としています。 そのために、次の要件を満たす学生を求めています。

  1. 管理栄養士としてホスピタリティマインド(人に奉仕し、人をもてなし、人を幸せにする精神)を有し、人の健康増進に貢献する意欲をもつ人
  2. 食や健康に関する問題に興味をもち、それらを主体的に学び、発展させたい意欲をもつ人
  3. 栄養・医療・福祉・保健・食育の分野で活躍し、人々の生活の質の向上に貢献したい人
  4. 他者とのコミュニケーションや関わりを大切にできる人
  5. 規範やモラルを重んじ、何事においても真摯さ、正直さ、誠実さを備えた姿勢で取り組める人

栄養士科

ディプロマポリシー(称号授与の方針、卒業時に必ず身につける能力)

健康寿命の延伸、健康の保持・増進など国民の生活の質(QOL)の向上に貢献できる栄養士が求められています。栄養士科では、国民の福祉増進に寄与できる実践的な職業能力をもつ専門士として、「給食の運営に秀でた調理と献立作成、衛生管理に強い栄養士」を養成します。

  1. 建学の精神、メディカルホスピタリティ・スタンダードをもとに、栄養士としての誇りとプロ意識を持ち、食や栄養を通じて社会に貢献できる資質・能力を身につける
  2. 栄養士として給食の運営に必要なマネジメント能力及び総合的な専門知識と技能を身につける
  3. 自ら問題を見出して解決できる能力と、周りを巻き込んで成果を創出できるリーダーシップとコミュニケーション力を身につける
  4. 栄養士実力認定試験(全国栄養士養成施設協会主催)において認定Aを取得するために必要な優れた知識・技能を身につける

カリキュラムポリシー(教育課程編成・運営の方針)

栄養士科では、メディカルホスピタリティ・スタンダードに基づく、規範教育による社会人基礎力の醸成と、生活習慣病予防の観点から、食事・栄養の重要性とその役割を理解し、社会から期待され、評価される実践力のある栄養士の養成を行なっています。 また、京都の地域性を活かした特色ある(京料理や京野菜など)職業教育を実践します。

  1. 講義と実験・実習における科目横断的な連携を図り、より深い理解を得ることのできるカリキュラム編成を行う
  2. ホスピタリティマインドやキャリアデザインの授業により人間力とライフデザイン力の醸成を図る
  3. 給食の運営に必要とされるHACCPの概念に基づく衛生管理や調理技術、献立作成能力の向上を図る
  4. 5つの専門コース別授業を実施し、各自の目標に合わせた授業を受講することにより夢の実現を図る
  5. 栄養士実力認定試験(全国栄養士養成施設協会主催)における「認定A」を取得するための授業、対策講座を運営する
  6. 各種資格・検定を取得できる対策講座等の教育プログラムを運営する
  7. 管理栄養士科への3年次内部進学制度を実施する

アドミッションポリシー (求める学生像)

栄養士の果たすべき役割とその期待が大きくなるなか、社会で活躍できるホスピタリティあふれる人材かつ、自ら問題を見出し、考え、行動できる栄養士の養成を目標としています。 本校では、Made in Yourself(未来の自分がここにある)をキーワードに、次の要件を満たす学生を積極的に受け入れます。

  1. 建学の精神を理解し、学則を遵守できる人
  2. 栄養士として食と健康に興味を持ち、食を通じて生活の質の向上および保持・増進に寄与したいと考える人
  3. 栄養士として自ら模範となる食生活を実施し、人を笑顔に、人を幸せにしたいという、おもてなしの心と奉仕の心を持って行動できる人
  4. 規範やモラルを重んじ、何事においても真摯さ、正直さ、誠実さを備えた姿勢で取り組める人
  5. グラデュエイトクラスでは社会人経験のある人、また、大学、短期大学、専門学校等を卒業した人で、さらにチャレンジし栄養士として活躍したい人

医療事務・医療秘書科

ディプロマポリシー(称号授与の方針、卒業時に必ず身につける能力)

医療事務職員に求められる能力は、医学・医療知識、診療報酬請求事務能力、接遇やマナーの知識とスキル、情報処理能力、コミュニケーション力など、多岐に渡ります。 また、これらに併せて、介護報酬や調剤報酬、DPCの請求事務能力が必要とされたり、医師事務作業補助者、看護クラーク職、メディカルコンシェルジュの台頭など、業務や職種の細分化・専門化が進んでいます。 こういった時代の趨勢に鑑み、本学科では、広く医療事務職員に必要な基礎的な知識やスキルと、人を思いやる気持ちを土台にして、各々の専門分野で卓越した能力を発揮できる人材の輩出を目指します。 そのために、卒業時には次のような能力や姿勢を身につけておく必要があります。

  1. 医療事務や窓口・患者応対に活用できる医学の基礎知識と医療制度や関係法規の知識
  2. 高い診療報酬請求事務能力に基づいた病院経営にも寄与できる能力
  3. 医師や看護師の事務的な作業や応対業務を確実に代行・サポートできる能力
  4. 全てのスタッフと連携して業務を円滑に遂行できるコミュニケーション力と、人をもてなし、人を思いやるホスピタリティマインド
  5. 常に明確な目的意識を持ち、主体的かつ能動的な姿勢と向上心

カリキュラムポリシー(教育課程編成・運営の方針)

医療事務・医療秘書科では3つのコースを有し、それぞれのコースが目指す人材養成のために、以下の教育課程を編成し実施します。

【医療事務コース】

病院経営に参画できる水準の、高い診療報酬請求事務能力や情報処理能力に加え、医療制度や関係法規の知識を活かした応対能力を有する人、医師の事務的な作業を確実に代行・サポートできる医師事務作業補助ができる人を養成します。

  1. 診療報酬請求事務を迅速かつ正確に遂行できる能力と、その指標となる診療報酬請求事務能力認定試験に合格できる能力を修得します。
  2. 医療事務職や医師事務作業補助者に必要な基礎医学や医学用語、医療関連法規の知識を修得し、それらを活用する実践的な能力を養います。
  3. 病院経営への参画や、医師や看護師などの医療専門職との良好な関係構築のため、マネジメント力とコミュニケーション力の形成を行います。
  4. 適切かつ正確なDPC請求を行うための、ICDコーディング技術や診療録の読解力を身につけます。

【病院受付・クラークコース】

病院・診療所・調剤薬局・介護施設などで受付応対や窓口相談、計算請求事務ができる能力を有する人や、看護師の事務的業務や案内業務を確実に代行・サポートできる看護クラーク、病棟クラークを養成します。

  1. 診療報酬請求事務、情報処理技術、相談援助業務の基礎を身につけます。
  2. 受付で必要とされる一般的な応対・接遇マナーに加え、医療機関特有のメディカルマナーを醸成します。
  3. 看護クラークや病棟クラーク業務、秘書業務の内容を理解した上で、それらを的確に遂行できる知識を修得し、実践的かつ応用的なスキルを修練します。
  4. 病院、診療所、調剤薬局、介護施設などに訪れるクライアントの心理や生活背景を理解し、知識と技術に加えて、常に相手の目線で応対できる質の高いホスピタリティマインドを形成します。

【医療情報コース】

医療情報コースは、医療現場で必要とされる情報処理力、情報活用力や豊かな人間性を身につけた医療事務職や医療情報技師を養成します。 この教育目的を実現するために、次のような教育課程を編成し実施します。

  1. 医療情報技師に必要な、医学知識、情報処理技術、医療情報システム、病院情報システム、セキュリティ技術、マルチメディア、情報システムの開発・運用・保守等について学びます。
  2. 診療報酬請求事務を迅速かつ正確に遂行できる能力を身につけます。
  3. 医療の安全管理、医療の質向上や医療の効率化を図るため、医療情報・診療情報を適切に管理・活用できるマネジメント力を身につけます。
  4. 人を思いやる気持ちやコミュニケーション力を育てるメディカル・ホスピタリティマインドを醸成します。
  5. 医療情報技師試験や診療報酬請求事務能力認定試験に確実に合格するための応用力、実践力を身につけます。

アドミッションポリシー(求める学生像)

医療事務・医療秘書科では、基礎医学や医療制度に関する知識を幅広く有し、その上で、診療報酬請求業務に精通した医療事務職と、患者本位の視点に立ちながら高いコミュニケーション力とコンサルティング力を発揮できる受付担当者、加えて、医師や看護師の事務や応対業務を迅速かつ正確に代行できる医師事務作業補助者や看護クラークの養成を目標としています。 具体的には、以下のような資質・素養を持つ学生を求めています。

  1. 診療報酬の計算・請求業務を正確に遂行し、病院や診療所の事務部門で貢献したい人
  2. 医師や看護師が診察や治療、看護に専念できるよう、医師や看護師の事務的な業務を確実に代行・サポートできる医師事務作業補助者や看護クラークになりたい人
  3. 医療知識や接遇マナーを身につけ、医療機関で、親切で的確な患者応対や窓口応対が遂行できる人材になりたい人
  4. 医療機関で働く職員に求められるメディカル・ホスピタリティマインド(患者様との関わりを大切にし、患者様を思いやり、いたわる心)を持ち合わせた人
  5. 規範やモラルを守り、何事においても真摯さ、正直さ、誠実さを備えた姿勢で取り組める人

診療情報管理士科

ディプロマポリシー(称号授与の方針、卒業時に必ず身につける能力)

医療・保健・福祉環境が大きく変貌する中、幅広い専門性と豊かな人間性を身につけ、 医療の質の向上、地域医療や医療経営に寄与・貢献できるスペシャリストが求められています。 そのため、本校の診療情報管理士科の学生は、卒業時、次のような能力や姿勢を修得する必要があります。

  1. 診療情報管理士、医療情報技師、医師事務作業補助者としての、高度な専門知識と技能
  2. 将来、病院の中核的存在として、病院経営に参画できるリーダーシップとメディカル・マネジメント力の素養
  3. 医療スタッフと連携融合し、業務を円滑に遂行できるコミュニケーション力とコラボレーション力
  4. 医療環境の変化にも先見性、柔軟性を持って適応できる能力
  5. 常に明確な目的意識を持ち、主体的かつ能動的な姿勢と向上心

カリキュラムポリシー(教育課程編成・運営の方針)

診療情報管理士科は、3年制の学科として、診療情報管理コースと医療情報技師コースの2つのコースを設け、診療情報管理士の取得に加えて、医療情報技師、医師事務作業補助者、診療報酬請求事務能力認定試験の複数ライセンスを取得した医療事務職のスペシャリストを養成します。

【診療情報管理コース】

  1. 診療情報管理士に必要な、医学知識、診療情報管理、情報処理技術、ICDコーディング、がん登録、医療統計学等について学びます。
  2. 医師事務作業補助者に必要な、医学・薬学・検査学知識、医療関係法規、文書管理、文書作成、情報処理技術、電子カルテシステム等について学びます。
  3. 医療の安全管理、医療の質向上や医療の効率化を図るため、医療情報・診療情報を適切に管理・活用できるマネジメント力を身につけます。
  4. 人を思いやる気持ちやコミュニケーション力を育てるメディカル・ホスピタリティマインドを醸成します。
  5. 診療情報管理士認定試験に確実に合格するための応用力・実践力を身につけます。

【医療情報技師コース】

  1. 診療情報管理士に必要な、医学知識、診療情報管理、情報処理技術、ICDコーディング、がん登録、医療統計学等について学びます。
  2. 医療情報技師に必要な、医学知識、情報処理技術、医療情報システム、病院情報システム、セキュリティ技術、マルチメディア、情報システムの開発・運用・保守等について学びます。
  3. 医療の安全管理、医療の質の向上や医療の効率化を図るため、医療情報・診療情報を適切に管理・活用できるマネジメント力を身につけます。
  4. 人を思いやる気持ちやコミュニケーション力を育てるメディカル・ホスピタリティマインドを醸成します。
  5. 医療情報技師能力検定試験に確実に合格するための応用力・実践力を身につけます。

アドミッションポリシー(求める学生像)

診療情報管理士科では、医療分野におけるIT化が進展する中、先端的な診療情報管理や医療情報システムの一翼を担う診療情報管理士や医療情報技師、医師事務作業補助者を養成いたします。 そのため、本学科では、次のような資質・素養を持つ学生を求めています。

  1. 診療情報管理士、医療情報技師、医師事務作業補助者の資格を取得し、専門性と豊かな人間性を身につけたい人
  2. 様々なアプリケーションソフトを使って、データを扱うことに興味、関心があり、専門的に学びたいと意欲を持つ人
  3. 医療チームの一員として、患者様や地域医療、医療機関に寄与・貢献したいと考える人
  4. 人を思いやり、いたわる心と人との関わりを大切にする人
  5. 規範やモラルを守り、何事においても真摯さ、正直さ、誠実さを備えた姿勢で取り組める人