1. 管理栄養士・医療事務を目指すなら【京都栄養医療専門学校】TOP
  2. 就職
  3. めざす職種(栄養系)
  4. 「管理栄養士」と「栄養士」の違い

「管理栄養士」と
「栄養士」の違い

「管理栄養士」と「栄養士」の違い
管理栄養士or栄養士 あなたの夢に必要な資格はどっち??管理栄養士or栄養士 あなたの夢に必要な資格はどっち??

栄養のプロに求められる2つの資格、「管理栄養士」と「栄養士」。
名前は似ていますが、仕事の内容や働くフィールドなどが異なります。
その違いを知って、自分の夢にあった資格を取得しましょう。

「管理栄養士」と「栄養士」の役割と違いについて

管理栄養士「管理栄養士」について管理栄養士「管理栄養士」について

どんな資格?

栄養のプロを証明する国家資格

管理栄養士とは、厚生労働省大臣が認定する国家資格。国家資格に合格しないと資格をもらえません。それだけの知識や技能を備えた栄養のプロであることを証明します。

どんな仕事?

病気の人などに専門的な栄養指導

高度な専門知識と技能を用いて、主に3つの栄養指導にあたります。

  1. 病気や怪我をした人に対する療養のための栄養指導。
  2. 個人の状態に応じた健康保持・増進のための栄養指導。(特定保健指導など)
  3. 施設などで特定多数の人に対する給食管理・栄養指導。

どこで活躍?

主に病院福祉施設で活躍!

管理栄養士の主な活躍の場は、大学病院・総合病院や福祉施設。ほかにも小・中学校、食品開発・研究、スポーツ、給食会社など働くフィールドが幅広くあります。

さらに!NST(栄養サポートチーム)の中心的存在になれる!

NSTとは医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士、そして管理栄養士などが連携する栄養サポートチームのこと。病院などで患者さんを栄養面から治療します。管理栄養士はNSTの中心的存在として現代の医療業界から求められています。

どんな人が向いている?

コミュニケーション能力に自信のある人!

栄養指導には、相手を思いやる気持ちが欠かせません。また、管理栄養士はたくさんの人と直接ふれあう機会が多いので、コミュニケーション能力が必要不可欠といえるでしょう。

京都栄養の「管理栄養士科(4年制)」について詳細はこちら

栄養士「栄養士」について栄養士「栄養士」について

どんな資格?

食生活のアドバイザーを証明する国家資格

栄養士とは、都道府県の知事が認定する国家資格。厚生労働大臣指定の栄養士養成施設を卒業すると、資格が与えられます。食生活のアドバイザーとして信頼の高さを証明します。

どんな仕事?

給食提供栄養指導

学校、病院、福祉施設、保育園、給食会社など、それぞれの施設に応じた給食や食事の計画・調理・提供を担当。また、人々が健康的な食生活を過ごせるよう、食や健康に関する正しい知識や技能を伝えます。

だからこそ!総合的なマネジメント能力も求められる!

多くの栄養士が活躍する給食の現場では、栄養面を考える能力だけではなく、安全な給食提供に欠かせない衛生面の知識、食材の仕入れや費用を計算する経営面の能力、たくさんのスタッフとの「協働」「調整」を図る管理能力など、総合的なマネジメント能力が求められます。

どこで活躍?

主に給食や食事を提供する現場で活躍!

学校、病院、福祉施設、保育園、給食会社など、給食や食事を提供する幅広い現場で活躍。今の社会では、栄養の知識と調理技能を活かせるフィールドが「食」業界全体に広がっています。

どんな人が向いている?

発想力に自信のある人!

食べる楽しさや喜びを伝えるには、食べる人が楽しめる工夫が必要。栄養士には、栄養面はもちろんのこと、見て楽しい、食べておいしい献立の発想力が求められます。

京都栄養の「栄養士科(2年制)」について詳細はこちら

「管理栄養士」と「栄養士」の資格の取得方法

管理栄養士へのSTEP

  1. 1管理栄養士養成課程(4年制)に入学

  2. 24年間で「管理栄養士」に必要な知識と技能を習得

  3. 3管理栄養士国家試験を受験(4年次3月上旬)

  4. 4卒業

  5. 5合格発表(3月下旬)

  6. 管理栄養士免許取得!

栄養士へのSTEP

  1. 1栄養士養成課程(最短2年制)に入学

  2. 2最短2年間で「栄養士」に必要な知識と技能を習得

  3. 3卒業

  4. 栄養士免許取得!

    ※国家試験なし!!

  5. さらに・・・
    管理栄養士をめざす場合は

    栄養士として3年以上の実務を経験し、国家試験受験資格を取得!

  6. 管理栄養士免許取得!

  • ※両資格とも夜間部通学制、通信制、独学などでは資格および受験資格を取得できない!
  • ※大学・短大・専門学校いずれでも同じ資格および受験資格の取得が可能!