厚生労働大臣指定管理栄養士・栄養士養成施設 日本病院会認定校

  • LINE
  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

日本の医療制度の特徴

就職

医療保険制度の特徴~安心して暮らせる、日本の医療制度のしくみ~

日本の医療制度の特徴

みなさんは病気やケガをしたときに、病院に行って症状を診てもらい、治療をしてもらいますね。 そして回復をしたら、勉強をしたり、友だちと遊びに出かけたり、健康的にまた毎日を過ごします。
このように安心して医療を受けられるのは、医療制度があるからです。 ここでは、医療事務・医療秘書で働くために必要な「医療保険制度」を簡単にご紹介します。ルールの概要がわかれば、職種の詳細もわかります!

フリーアクセス
いつでも、どこでも、だれでも
「保険証」1枚で医療が受けられます。
国民皆保険制度
日本国民であれば、何がしかの医療保険に入らなければなりません。
保険証
保険証というカード一枚でさまざまな制度があります。

保険証を取得するために、社会保険料として毎月お金を支払っています。
社会保険料を支払うことで保険証を取得することができます。

  • ■医療費の負担が一部でよい(例外もあります)

    小学校入学前→2割、一般→3割、70歳~74歳→2割 75歳~1割の医療費を負担します。
  • ■医療費が高い時の給付制度

  • ■出産・休業・死亡の時に現金給付 …など

もし医療保険が無いと…

全額負担
全額自己負担になるので、簡単に病院や診療所に行くことが難しくなります。
私的保険加入
私的な保険に入らなくてはならないため、金銭的な負担が増えます。

たとえば、風邪をひいて血液検査などを検査をいくつか行うだけで1万円近くかかるときもあります。

診察拒否
受けたい病院や診療所で診察を断られることも出てきます。
出産への不安
子供を安心して産めません。

いかがでしょうか?
医療保険があることで、私たちは安心して医療を受けることができるのです。
医療事務・医療秘書は、こうした医療制度に貢献する仕事をしています。

  • 医療事務は、
    治療にかかったお金を計算したり、
    病院・医院内の事務をする仕事です。

    医療事務コースへ
  • 受付・クラークは、
    患者さんや医療スタッフと接する機会の多い仕事。
    医療知識だけでなく、接遇マナーも求められます。

    病院受付・クラークコースへ

資料を無料でお届け!