1. 管理栄養士・医療事務を目指すなら【京都栄養医療専門学校】TOP
  2. 就職
  3. めざす職種(栄養系)
  4. 「スポーツ分野」で働く管理栄養士・栄養士になるには

「スポーツ分野」で働く
管理栄養士・栄養士になるには

病院栄養士
スポーツの現場で活躍できる栄養のスペシャリスト! スポーツの現場で活躍できる栄養のスペシャリスト!

アスリートやスポーツチーム、スポーツクラブなどで、
競技内容にあわせた栄養面のサポートを行い、
選手のパフォーマンスの向上やコンディションの
維持などを支えていきます。

仕事内容

働くフィールド

  • ジュニアスポーツクラブ 
  • 高校・大学などの部活動
  • 実業団
  • プロチーム
  • スポーツクラブ
  • 病院 など

主な業務内容

  • 栄養状態のチェック 
  • 競技会・合宿などでの栄養サポート
  • 栄養セミナー(講義・体験)
  • 選手寮での食事提供 など

連携する他職種

  • スポーツドクター
  • 監督・コーチ
  • アスレティックトレーナー
  • 理学療法士
  • 薬剤師 など

必要な能力

スポーツの現場で活躍できる管理栄養士・栄養士には、競技ごとの特性に合わせて選手のパフォーマンスを最大限高めるための、栄養サポートが求められます。そのため、スポーツ栄養の知識に加え、競技への理解や、選手の心理状態に合わせたサポートなど、多岐に渡る能力が必要とされます。

学びのポイント

スポーツ栄養の知識

スポーツ分野の管理栄養士・栄養士として活躍するために、スポーツに関わる基礎から応用までの幅広い栄養の知識と技能をしっかり身につけます。

応用力

スポーツ選手にとって、ケガや体調不良などのトラブルは避けられないもの。それらに対応するための、柔軟かつ的確に栄養サポートできる応用力が求められます。

目指す方法

まずは管理栄養士、栄養士の資格を取得することが必須。資格取得後にスポーツチームやクラブなどへ就職し、スポーツ分野の栄養士として活躍していく。また、病院などの他分野で経験を積んでからスポーツ分野へ進む人も多い。

「管理栄養士」「栄養士」
資格取得について→詳細はこちら

Teacher's Voice

公認スポーツ栄養士
管理栄養士 修士(スポーツ科学)
増田 友輔先生

どんなスポーツ選手にも
しっかり対応できる応用力を高めよう!

スポーツ分野の管理栄養士・栄養士は、トップアスリートやアマチュアのスポーツ選手から、健康のために取り組む一般の人まで、さまざまな人をサポートする職種。その責任や姿勢を学び、やりがいや楽しさを理解していけるよう、現場の事例など実践に多く触れていきましょう。

京都栄養の「管理栄養士科」について 詳細はこちら

京都栄養の「栄養士科」について 詳細はこちら

スポーツ分野の管理栄養士・栄養士を
詳しく知れるオープンキャンパス!

詳細はこちら