医療事務の専門学校では、何が学べるの?


いまや医療事務になるために学べる教育機関や資格の習得方法は、大学や短期大学、専門学校、通信教育講座などたくさん存在しています。多くの選択肢があるなか、わたしたち京都栄養医療専門学校が、医療の世界で活躍するたくさんの人材を世に送り出している秘密を、お伝えしたいと思いますぴかぴか (新しい)

医療事務専門学校 どんなコースがあるの?目

京都栄養医療専門学校の医療事務・医療秘書科は、2年間のカリキュラムで医療事務や医師事務作業補助者、病院受付・クラーク、医療情報スタッフなどになることを目指します。1年次では、医療事務の業界に必要な4つの力―基礎学力、パソコンスキル、コミュニケーション能力、思いやりのこころ―を軸にした、基礎固めをおこないます。2年次では、医療事務コース、病院受付・クラークコース、医療情報コースの3つのコースに分かれ、より専門性の高い知識と技能を学び、より実務に即した実践力を身につけていきます指でOK

医療事務コース

医療事務コースでは、電子カルテの操作や医療費の計算など、専門的な事務能力を身につけることを目標に、総合病院で活躍できる医療事務のスペシャリストを目指しますexclamation 電子カルテの操作や医療費の計算など、パソコンを使って、医療事務に欠かせない、高度で専門的なスキルを習得、さらには病院経営についても学びます。 主な授業には、以下のようなものがあります。

  • 特に高度な技術が必要とされるレセプト作成を学ぶ「レセプト演習」
    • 保険医療機関が保険診療をおこなった場合に、診療行為を保険点数に置き換え、患者さん毎に1か月分の診療費を請求するため書類であるレセプト(=診療報酬明細書)の作成を学習します。患者さんの窓口負担分となるため、この請求の精度が医療機関の収入を左右します。レセプト業務は医療事務にとって大変重要な職務のひとつ。1年次に習得した知識やスキルを基にして、より高度で複雑な診療録からのレセプト作成や、作成したレセプトの点検スキルを習得します。資格試験対策も同時におこなう授業です。
  • 実習への取り組みや心構え、応対・接遇マナーを学ぶ「病院実習事前指導」
    • 2年次の夏に、実際の病院や診療所で3週間にわたっておこなう「病院実習」のための、より実践的なことを学びます。実際の医療機関での実習となるため、医事会計や請求業務の実際や個人情報の取り扱いなどを学習します。
  • 日本独自の包括支払制度の専門的な知識と技能を身につける「DPC/PDPS演習」
    • 診療報酬請求の支払い方式として、日本では出来高支払制度と包括支払制度の2種類の方式がとられています。このうち包括支払制度「DPC/PDPS(診断群分類別包括支払制度)」について、その制度の理解から実際の算定、レセプト作成から請求までを演習を交えながら習得する授業です。

 

病院受付・クラークコース

病院受付・クラークコースでは、患者さんを思いやり、医療スタッフに信頼される、地域にある社会資源や他の医療機関と連携できる、メディカル・コンシェルジュ能力を身につけた受付・クラークを目指しますほっとした顔 医療機関で求められるメディカルマナーや、診療報酬請求の能力を身につけ、事務処理や介護などの専門的な実務能力も磨いていきますひらめき 主な授業には、以下のようなものがあります。

  • 受付業務について具体的・実践的に学ぶ「病院受付事務」
    • 直接医療にかかわる医師や看護師と違い、事務職員が医療そのものに関わることはありませんが、受付業務を通して、診療に対する不安を少しでも和らげたり、意欲を向上させて治療に臨んでもらえるように、患者さんの気持ちや心に寄り添うことができます。事務員もチーム医療の大切な一員であることを意識しながら、業務内容を学習していきます。
  • 最新システムで知識と技能を学ぶ「調剤報酬請求事務」
    • 診療報酬制度は、病院や診療所を対象とした「医科」、歯科診療を対象とした「歯科」、調剤薬局を対象とした「調剤」があります。この授業では、保険調剤薬局の診療報酬請求について学習します。医科と同様に、診療報酬請求は調剤薬局の収入を左右する、調剤事務のなかで最も重要な業務です。近年はオンラインでの請求がスタンダードになっており、こうした処理システムの操作方法についても学んでいきます。
  • 医療秘書としての知識・技術を基に医療現場のホスピタリティマインドを身につける「秘書実務演習」
    • 医療秘書として求められる実務のスキルを実践的に学習します。病院をはじめ医療機関スタッフの、患者さんや利用者に対応する際の表情や、場に合った丁寧な言葉遣い・声色、立ち居振る舞いや心遣いは、そのスタッフの印象のみならず、医療機関のイメージに直結します。ホスピタリティの心を形で現す表現力を学ぶ授業です。

医療情報コース

医療情報コースでは、情報システム化が急速に進む医療機関の運営を、縁の下で支える情報システムのプロを目指します。情報処理技能(IT技術)だけではなく、情報システムの企画・運営力、マネジメント能力も、実践的に身につけていきます。 主な授業には、以下のようなものがあります。

  • 医療情報の正確で迅速なコンピュータ処理技能を学ぶ「医事コンピュータ技能検定対策」
    • 医事コンピュータ技能検定準1級に合格できるレベルの能力を身につけるための授業です。1年次に医療機関での医事会計や診療報酬請求の基礎について学習していますが、医事コンピュータ利用の現状やDPC請求の処理方法など、さらに高度で複雑な知識とスキルが必要とされるDPC請求について学習する授業です。
  • コンピュータの仕組みやネットワーク技術、データベース技術、セキュリティの技術を学ぶ「医療情報技術」
    • 現在の医療機関では、多くの情報についてITシステムを利用し管理・運用・提供しています。これらの情報は安全かつ適切な活用されるものであり、そこには「医療の世界」というという特質をふまえた、確かな情報処理技術の知識とスキルが必要とされています。そうした医療情報システムを基礎から学習するだけではなく、情報の利活用を推進する情報処理システム開発や、情報セキュリティ、最新の情報技術や情報サービスなどについて学習します。
  • 医療情報システムの開発・運用に必要な知識や技能、さらには経営管理・開発管理を学ぶ「ITパスポート応用」
    • 情報処理と情報利用の基礎知識について認定する国家資格 「ITパスポート」 合格を目指します。この資格試験では、技術的な問題だけでなく、社会人や職業人に必要とされる企業経営や会計、法務などの分野からも出題されますが、経営管理系、開発管理系、情報技術系の出題について、特に高得点での合格を目指します。

医療事務専門学校、何を学べるの?

患者さんや医療スタッフに信頼される、医療事務や病院受付・クラーク、医療情報スタッフを目指す医療事務専門学校は、医学や医療の基本的な知識、診療報酬請求事務能力などの専門的なスキル、医療で人を支えるおもてなしのこころ『メディカルホスピタリティ』の理解と実践など、幅広い学びが必要ですぴかぴか (新しい)

医療に関すること

医師や看護師など医療スタッフのサポートや、患者さんへの理解、診療報酬請求などのレセプト業務など、医療の場で仕事をする上では、当然医療に関する知識が必要ですし、それを活かすスキルも併せ持つことが必要とされます。また、近年注目の医師事務作業補助者の業務である、従来医師が行ってきたカルテ入力の代行や、その他医療機関において必要とされる書類の作成には、医学や医療に関する知識が必須となります指でOK 専門学校では、こうした「医療の現場」で働くことを目指す人たちにとっては欠かせない、医学や医療の知識、技能を身につける教育課程が用意されていますわーい (嬉しい顔) たとえば1年次では特にその基礎部分について学ぶことができ、次のようなカリキュラムがあります。

  • 基礎医学概論:医学の歴史、医の倫理、生命現象への理解を深め、医学に関する基本的な知識の習得。こられを学ぶことで、患者を中心とした医療の在り方を理解し、医療関係者としての倫理を学ぶ。
  • からだのしくみと働き:解剖生理学の理解や医学用語解説。医療秘書としての職務をより円滑におこなうために、知っておくべき解剖学的知識と理解すべき生理学の基本事項の習得
  • 医療事務職のための医学知識:内科系、外科系にわけ、知っておきたい疾患とその病態、治療について系統的に理解し、専門職スタッフとの円滑なコミュニケーションにつなげる。
  • 医療事務職のための医学用語:実際の医療の現場で使われる医学用語の解説。医療の現場のみならず、受付事務や医療事務業界で使われている用語を広く習得する。外国人受診者の対応を踏まえ、簡単な医療英語の時間も設定している。

これらの知識を基に、2年次以降はより専門性の高いコースへと進んでいきます。

事務に関すること

医療の現場の事務部門を広くカバーする医療事務の業務では、医療事務特有の業務に関する知識や技能は当然ですが、一般的な事務業務に関しても、一定レベル以上のスキルが求められますひらめき パソコンの基本的な知識や操作スキルはもちろん、ビジネスの場で求められるマナーをふまえた文書作成能力なども必須です目 さらに、患者さんをはじめ医療機関を利用する人々や、そこで働く医師や看護師などの医療スタッフとのコミュニケーションなしには、成立しない業務です。医療事務にとってのコミュニケーションは、常にホスピタリティマインドに裏付けられたものでなければなりません手 (グー) こうした知識やスキルの習得の証明となる資格検定試験の対策も、大切な学びになります。 たとえば1年次では、特にその基礎部分について学ぶことができる、次のようなカリキュラムがあります。

  • Word基礎/応用:文字入力の正確さとスピードを基礎に、図表入りのビジネス文書作成やメール作成を段階的に実践的なものに移行し、検定合格を最終目標に設定した文書作成のスペシャリストを目指す。
  • Excel基礎:データ加工や分析する力を養い、データを自由自在に操れる能力を目指す。インターネットからの情報収集能力の向上や、プレゼンテーションによる情報の発信などの力を養う。
  • はじめての手話:聴覚障がい者をとりまく諸問題を学び、理解を深める。挨拶や自己紹介など、医療現場で日常的に必要とされる、手話によるコミュニケーション能力を身につける。
  • 秘書概論:ビジネスパーソンとしての基礎知識(=一般常識や社会常識)を身につけ、秘書検定に必要なスキルをひととおり習得する。また、職場での良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力を高め、医療現場での即戦力となる人材を目指す。
  • 受付応対演習:医療現場での受付応対に必要な、心構えから接遇までを身につける。基本的な知識を得たら、ロールプレイングの演習をおこない、2年次の病院実習に向け、さまざまなケースについて練習する。
  • 秘書検定対策講座:医療秘書としての知識や技術をベースにした、医療現場でのホスピタリティマインドを身につけることを目標としている。秘書技能検定2級、ビジネス文書検定3級合格を目指す。
  • 秘書検定対策:検定試験対策を通じて、社会常識の5領域(秘書の常識、職務知識、一般常識、マナー接遇、技能)を学ぶ。医療秘書としての知識・技能の理解をさらに深め、実践力を身につけ、ホスピタリティマインドを徐々に身につけていく。
  • 診療報酬請求事務:基礎から段階的に難易度を上げた内容になる保険請求事務の理解と点数計算。医療事務関連の資格試験の合格を目指す。
  • 医療事務の基礎:医師や看護師をサポートする専門家として、他部門の知識も含めた、窓口業務に必要な知識を学ぶ。
  • レセプト演習:診療報酬請求書(レセプト)作成能力を身につける。段階的に難易度を上げながらスキルを磨く。
  • 医事実務検定対策:日本医療福祉実務教育協会『医事実務検定試験BASIC』の合格を目標にした、検定対策授業。
  • 診療報酬試験対策:日本医療保険事務協会『診療報酬請求事務能力認定試験』の合格を目標にした、検定対策授業。学科と実技にわけて開講。

概要だけをまとめても、これだけのことを学び、自分のスキルとして得ることができます。

医療情報のエキスパートを目指して

医療現場は、非常に多くの情報を取り扱う業界です。患者さんの個人情報や、疾病や治療などの診療に関わる情報など、医療機関全体としては非常に多くの情報が存在しています。これらの情報を安全に管理し、施設内の他のシステムなどと連携させながら、診療の支援や質の向上・発展、病院経営や研究データなどにまつわる重要なデータについて、適切なセキュリティを措置したうえで、運用・活用させていくのが、医療情報を管理する業務です。 わたしたち京都栄養医療専門学校では「医療情報コース」として、情報処理力や情報活用力に加え、豊かな人間性を身につけたエキスパートとして、ITパスポート試験や上位資格である医療情報技師能力検定試験の合格を目指していますウィンク 指でOK たとえば1年次ではその基礎部分について学ぶことができ、次のようなカリキュラムがあります。

  • 医事コンピュータ演習:医事会計システム専門ソフトを利用した、医療機関における医事会計と診療情報請求業務を、コンピュータを使用した演習を通じて習得する。診療報酬のオンライン請求やDPC、電子カルテについての基礎を学ぶ。
  • IT基礎知識:ITとは何か、それが医療現場でどのように利用されているのかを系統的に学び、IT処理に関する基礎的な技術を身に付ける。例えば、コンピュータに関する基礎知識や用語、ネットワークやデータベース、セキュリティに関することがらなどを学ぶ。

入学時点で、情報処理に関する知識や、ITに関するスキルがなくても大丈夫。前述のように、EXCEL基礎やWORD応用などを通じて、医療情報処理に必要なスキルを習得できます。その上でさらに、エキスパートを目指してさまざまなことを学んでいきます。

医療事務専門学校を出ると、何ができるの?

文字通り、医療事務職として医療機関に就職することができます。しかし「医療事務職」と一言でいっても、その働き方は実に多彩です。就職先も医療機関だけにとどまらず、さまざまなフィールドで活躍することができます。

さまざまな働き方

2年次からはより専門性が高いコースを選択することになりますが、それぞれが目指す職種や働き方があります。一例を見ていきましょう。

  • 医療事務コース:病院や診療所などの受付業務、診療報酬請求業務、医療事務全般など
  • 病院受付・クラークコース:病院や診療所などの受付業務、病棟クラーク・外来クラーク(メディカルクラーク)、医師事務作業補助(ドクタークラーク)など
  • 医療情報コース:病院内の医療情報スタッフ、病院情報管理スタッフ、医事コンピュータインストラクター、医事・患者サービススタッフ、医療連携室スタッフなど

いずれのコースでも、さまざまな情報処理に関する資格取得も同時に目指すことができます。医療情報コースへ進むと、上位資格である「医療情報技師」の資格取得も目指すことができ、いずれは医療機関の経営に関わるポジションで働くことも可能です指でOK

さまざまな働く場所

医療事務、あるいは医療情報などと聞くと、働く場所は医療機関しかないのかと思われる方もいるかもしれません。医療事務専門学校の卒業生は、医療機関に就職するケースが多いのは事実ですが、「医療機関」と一言でいってもいくつかの種類があります。

  • 病院:入院するためのベッドが20床(入院用ベッドは「床(しょう)」と数えます)以上の医療機関
  • 診療所(クリニック):入院するためのベッドが0床~19床までの医療機関

病院は、ある程度の規模になると「総合病院」とよばれ、多くの科の診療科があります。中には単科(一つの科のみ)の病院もありますが、その場合はより専門性の高い診療を行っていることが多いようです。一方、診療所は、内科や小児科など、単科~数科の診療を行っています。 いかがでしょうか。医療事務の専門学校と一言で言っても、学べることはとてもたくさんあります。取得を目指せる資格、その先にある働き方や働く場所も、実に多彩。もちろん、それだけ本人のがんばりも必要ではありますが、京都栄養医療専門学校には、その道のプロである講師陣がそろっています。分からないことを分からないままにしない、徹底的なサポート力で、あなたの夢を応援しますdouble exclamation