管理栄養士の資格取得に向けて


こんにちは。管理栄養士科で病院・福祉栄養プログラムを専攻している小松玲子です。

前回は管理栄養士の社会からの需要について、「管理栄養士」の専門性と仕事の幅の広さを考えると、ものすごく需要があります!というお話しをしました。

では、その管理栄養士の資格を取得するには、何をすればいいか?資格を取得できたらどういうところに就職できるか?というところを、詳しく書いていきますね。

管理栄養士の資格を取得しないとできない仕事

管理栄養士の資格実際に出来る仕事の内容については、実は法律で定められています。
「栄養士法」という法律なのですが、そこには管理栄養士の仕事として、次のように書かれています。

厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識および技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導並びに特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理およびこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者

管理栄養士の仕事としては、一般的な栄養指導集団給食に対する献立作成や栄養・食事管理調理方法の改善などの指導市町村などでの生活習慣病などに関する栄養相談、などを行うことができます。
これに加え、傷病者(病気やケガで苦しむ人)に対する療養を目的とした専門的な知識を必要とする栄養指導や、集団給食における管理業務、労務管理、指導などを行います。
さらに、都道府県や保健所を設置している市・特別区において、専門的な栄養指導も行います。

「栄養」と一言でいっても、その対象となる人は実にさまざまですし、できる仕事の範囲も、非常に広いことが分かります。

管理栄養士の資格を取得すると、どこに就職できる?

管理栄養士の主な活躍の場は、幅広くあります。

〈病院〉

各病院に直接就職して勤務している管理栄養士は、糖尿病や高血圧の患者さんなどに栄養指導を行います。
また、NSTという、医師や看護師・薬剤師や理学療法士などと組んだチームで栄養管理を行うことができます。

〈保育園〉

近年共働きが増加し、保育園やこども園も増えていることから、栄養士や管理栄養士の需要も増加しています。
保育園での仕事のポイントとしては、子どもの偏食や好き嫌いに対応するために、子ども相手のコミュニケーション能力が必要とされることです。

〈食品メーカー〉

食品メーカー企業などでは、管理栄養士としての知識を活かした商品開発や販売が仕事内容になります。
独自の企画を作成して発表したり、商品開発に当たっては、一つの物事を研究するのが好きな人には向いている仕事かもしれません。

〈給食施設〉

大学の学生食堂、会社の中に併設される社員食堂などです。
大学や会社に就職する形や、食堂内を任せられている委託会社に就職する場合があります。
多くの場合は後者で、委託会社から、振り分けられた各現場に行って仕事をするケースが多いようです。
現在、この委託会社が増加していますので、栄養士や管理栄養士もそれに伴って需要が増えています

〈スポーツ関係〉

近年人気の就職先の一つがスポーツジムなどで働く管理栄養士です。

スポーツと栄養は、切っても切れない関係があります。最近は年齢問わず健康志向になっていることや、健康寿命への意識が高くなっていることもあり、スポーツジムなどでの管理栄養士の需要が高まっています

同じ管理栄養士の資格を取得しても、就職先によって仕事内容は全く違いますよね。

京都栄養医療専門学校では、管理栄養士科の就職率100%なんです!
一番多い就職先は給食会社、次に病院、この2つで半数を超えます。需要が高いことがよく分かります。
私も資格取得後は病院に就職して、たくさんの患者さんの健康に貢献したいと考えているので、この就職率はとても心強いんです。

管理栄養士の資格取得に向けて、何をすれば良い?

管理栄養士の資格を取得するには、まず栄養士の資格を取得し、その後に管理栄養士の国家試験を受験する必要があり、方法としては大きく2つです。

■2〜4年の栄養士養成施設(大学、短期大学、専門学校など)を卒業し栄養士免許取得

→その後1〜3年の実務経験を積む

→修了し、管理栄養士の受験資格を得る

 

■4年制の大学や専門学校の管理栄養士養成課程に進む

→卒業時に栄養士免許取得

→卒業して管理栄養士の受験資格を得る

私の学び方はこれにあたります。4年間という長い間、資格取得に専念することになりますが、管理栄養士として即戦力になるための特別なカリキュラムが組まれています。

また、管理栄養士国家試験は年に1回、3月上旬頃に実施されますが、実務経験を経て受験した人より、4年制の養成施設を卒業した人の方が、圧倒的に合格率が高いのです。
働きながら学ぶのは、簡単ではありませんよね。

京都栄養医療専門学校では独自の合格サポート体制も充実していて、2018年度の管理栄養士国家試験の合格率は全国平均60.8%に対して、なんと100%でした。
これは心強いと同時に、少しプレッシャーでもありますが、サポート体制をフルに活用して、私も1発合格を目指したいです。