1. 管理栄養士・医療事務を目指すなら【京都栄養医療専門学校】TOP
  2. 学科・コース
  3. 栄養士科
  4. 栄養士をめざす方へ

再進学者限定「グラデュエイト制度」

社会人経験者、大学・短大・専門学校卒業者が同じクラスに!

     \栄養士科対象/

京都栄養の栄養士科には社会人や大学・短大・専門学校から再進学された方が同じクラスとなる「グラデュエイト制度」があります。新出発をする同じ志をもつ仲間と2年間一緒のクラスで安心して学べます。

※再進学者以外の方がクラスに含まれる場合があります

1
~ 学び ~
空き時間や放課後を使ってクラス内勉強会「勉学サポートプログラム」を実施。
学びのブランクや学力不安を仲間たちと一緒に解消します!

2
~ 環境 ~
経験豊富な「担任・副担任」が「学び・生活」を最大限サポート!
同じ目標を持った幅広い年齢の仲間たちと、楽しく意欲的に取り組めます。

3
~ 就職 ~
京都栄養の「キャリアアドバイザー」が一人ひとりの
キャリアに合わせた「One to Oneサポート」を実施!
就職率も毎年高い実績を残しています。

 

学費をサポート!

再進学者の方をサポートする返済不要の「特待生・奨学生制度」が充実!

「専門実践教育訓練給付制度」
「教育訓練支援給付制度」
活用で学費が実質無料に? 

詳細はこちら

 

就職をサポート!

希望の就職を実現する就職サポートを実施!

1
~ One to Oneの支援体制 ~京都栄養ではキャリアアドバイザーとクラス担任・副担任がチームが組んで就職を支援。学生の希望にあった求人先の紹介から、採用試験対策、そして内定を獲得するまで完全サポートします。

2
~ 各業界との強いつながり ~
長年にわたって即戦力となる卒業生を栄養・医療分野に送り出してきた実績による信頼が、事業所との密接なつながりに。就職アドバイザーは各事業所に足を運びながら、求人の新規開拓も行っています。

3
~ 卒業後の再就職サポートの充実 ~
卒業後に転職や再就職を希望する方のために、個別カウンセリングや求人紹介を実施。再就職について相談できる環境も整っています。また、卒業生専用のホームページで遠方からでも活動が可能です。

 

再進学・社会人経験入学をした学生の声

食選択の大切さを伝えるため
新たなスタートラインへ

父の病気をきっかけに、対処療法だけではない原因療法の重要性を確信し、予防医療に関心を持ちました。その中でも、健康の要である「食」から、毎日の食選択の大切さを伝えたいと思い、再進学を決意しました。京都栄養のオープンキャンパスでは先生方の熱心さに惹かれ、またグラデュエイト制度で年齢差関係なく切磋琢磨できる環境があることも魅力的でした。今は、新しい知識をどんどん吸収し、自分がやりたいことに没頭できる時間と環境があることに感謝しつつ、毎日を楽しく過ごしています。

様々な年齢の方が集まるグラデュエイト制度
毎日が刺激的で楽しく学んでいます

私は大学卒業後も再び大学への進学も考えていましたが、年齢差などの不安もあり悩んでいました。そこで見つけたのが京都栄養でした。いろいろな年齢層の方と学ぶ空間があり、京都栄養ならば沢山の刺激がもらえると感じ、再進学を決意しました。入学前からのサポートもあり、どのような事をこれから学んでいくかなど事前に知ることができたのは心強かったです。
大学で学ぶことの楽しさを知ったので、専門学校へ再進学した今でも新たな知識を学べる楽しさを感じています!京都栄養では先生との距離も近いため勉強や学校生活の悩みなどの相談もしやすいです。

災害時の食の現状を知り
食と健康の大切さについて知ったから

私は4年間陸上自衛隊で勤務していました。その中で数多くの災害派遣を経験し、食の大切さを改めて知り、深く学びたいと思い、京都栄養に進学することを決めました。京都栄養は設備やカリキュラムなど、学ぶ環境がとても整っています。またグラデュエイト制度では、色々な世代の人たちと一緒に学ぶので、学校の勉強以外でもたくさんの話を聞くことができ、とても楽しい日々を過ごしています。私は、オープンキャンパスの学生スタッフとして参加者さんのサポートも行っているので、ぜひオープンキャンパスに参加して、体と心で京都栄養を感じてもらえると嬉しいです。

とことん頑張れる環境に出会いました!

教師としてたくさんの人と関わる中で、心と体に深いつながりがあることに気が付きました。“日々の食事は心の健康にも大切”この考えにたどり着いたときに京都栄養と出会い、中学校を退職し京都栄養に入学することを決意しました。新しい環境に入るのはどんな時でも緊張します。将来のこと、学校生活のこと、勉強のこと、何も確証がなく不安でいっぱいでした。しかし、オープンキャンパスで感じた学校の温かい雰囲気に救われ、一歩を踏み出すことができました。この恵まれた環境を最大限に楽しみながら、これからも頑張っていきたいと思います。

社会人として働いた経験があったからこそ
「食と健康」の大切さを改めて実感

私は約9年間陸上自衛隊で勤務していました。その中で、東日本大震災の災害派遣で出勤した際、改めて食の大切さについて、身をもって痛感しました。生きていく上で誰もが必要な『食』に関することをもっと深く学び、人々の健康に携わる栄養士として働きたいと思い、栄養士を目指しました。勉強についていけるか不安でしたが、京都栄養では勉学サポートプログラムもあり、勉学への不安も軽減されました。将来はこれからを生きる子どもたちに食の大切さを伝えていきたいです。

 

 

Q&A

Q.1 社会に出て数年たっており、これまで学んだことの無い分野でついていけるか不安です。

京都栄養への入学が決まった方を対象に定期的に入学前プログラムを実施しています。プログラムでは栄養の基礎的な知識や今後の学習方法を学ぶことができます。また、入学後にも栄養分野に関連する「化学」「生物」「数学」の科目において、苦手な方を対象として「勉学サポートプログラム」を実施し、通常授業の学びをフォローしています。

 

Q.2 本当にやりたい仕事で希望する職種に就職できますか?

キャリアアドバイザーと担任・副担任が学生一人ひとりの希望職種や地域をしっかりと把握。一人ひとりの希望にあった支援を行っています。「アルバイト」や「インターンシップ」などから就職につながった例も多く、これらの体験も積極的にサポートしています。再進学者の就職率が100%なことが、夢を実現していることを表していると思います。

 

Q.3 就職採用試験では年齢はネックになりませんか?

採用試験に年齢制限を設けている事業所はほとんどありません。採用試験では「年齢=豊富な人生経験」としてアピールポイントにしましょう。さまざまな経験を就職活動で強みと変えられるよう、京都栄養がしっかりとサポートします。

 

Q.4 「京栄校特待生・奨学生制度」は返済が一切不要って本当ですか?

本当です。「京都栄養特待生・奨学生制度」は学費の一部が免除され、返済は一切不要という本校独自の制度です。ぜひ応募し活用してください。

 

Q.5 高校を卒業して期間がたっていますが、特待生・奨学生制度の応募は可能ですか?

可能です。各奨学金の応募条件を満たしていれば、どなたでも応募ができます。詳細は奨学金ページをご確認いただくか、本校までお問い合わせください。

 

既卒も新卒もチャンスは同じ!
「AO入学」「再進学入学」「一般入学」から
入試方法を選択いただけます。      

募集要項についてはこちら