京栄校What'sNew

京栄校What'sNew

管理栄養士科3年生模擬患者演習実施!

2011年10月18日

みなさん、こんにちは晴れ

進学アドバイザーの田村です!

最近は涼しくなってきて、だんだん冬が近づいてきましたね・・もうやだ〜 (悲しい顔)

こんなときは体調を崩しやすいので、しっかり栄養をとって 体調管理に気をつけましょうグッド (上向き矢印)

先日「臨地実習事前事後指導」授業内で 管理栄養士科3年生による 「模擬患者演習」がありました。

6月に引き続き2回目の授業ですexclamation exclamation

「模擬患者演習」では、 栄養カウンセリングを学び、相手の立場になって 考えることができるようになり、対象者とよい人間関係を 築き、対象者が自主的に行動できるようサポート するのが目的ですうれしい顔 うれしい顔

授業を通して患者さんの病気の治療や予防に、 最も適した栄養教育を行える能力、 コミュニケーション能力を身につけていきます。

患者は実際の患者ではなく、役者さんにお願いをし、 現場さながらの臨場感あふれる演習になっています。

患者を演じてもらうので、「模擬患者」といいます。

演習中は見学者として学生も参加していますひよこ

今回の授業の目的は、臨地実習前に実際の現場を想定して行い、 患者とのコミュニケーションの技術向上を目指すこと、 目標は患者さんが自己の問題に気づき、 今後の食事療法に前向きに取り組むようにサポートすることですexclamation

本校では、さまざまな「対象者」 を想定し授業を行っています。

今回想定した対象者は・・。 ◎高血圧症 ◎脂質異常症 ◎2型糖尿病 です。

実習生として、検査入院してきたばかりの患者さんに 面談を行うという設定でした手 (チョキ)

患者役は生活習慣、家族構成、現在の心境など細かく設定が決まっています。

1グループあたり12分間という制限時間で学生が面談をし、 その後振り返り(感想6分)、評価表記入(6分) という流れですダッシュ (走り出すさま)

学生は演習後に、「自己評価シート」を記入し、 自分ではどの程度できたのか、 自己チェックをします。

振り返りでは患者役の感想、見学者の感想、教職員の感想 を聞き、次の演習に活かしますわーい (嬉しい顔)

第三者からの客観的な意見を聞くことで、 自分では気づかなかった改善すべき点などが見え、 よりよい栄養指導ができるようになっていくんですねexclamation

<学生にひとことインタビュー>
・病院に行って、現場の方の栄養指導を自分の目で見たくなった! 
・他の人の様子を見学して、よい面はどんどん吸収しようと思った。 
・ほめたり共感したりすることは、必要だと思った。
・事前準備の大切さが分かりました! ・臨地実習にこれから行くのでイメージがわきました!

今回の授業を通して、次回に活かせるたくさんのことを学べたようですね指でOK

臨地実習前に実践的な授業をすることによって、 大変勉強になったようでした★

京栄校では、どんな対象者にも的確で効果的な栄養指導ができる力を 養っていますわーい (嬉しい顔)

授業で学んだことをしっかり実践で役立ててくださいね★

次回の授業紹介もお楽しみにぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい)

学校 体験入学 メモ 資料請求
管理栄養士科 栄養士科 医療事務科 医療秘書科 診療情報管理士専攻コース 医療情報技師専攻コース


この記事へのトラックバックURL

https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/news/111018-jugyo-shokai-kanri3/trackback/

  • taiwaの進学相談会へ行こう!