京栄校What'sNew

京栄校What'sNew

栄養士科2年:解剖生理学実習の様子をご紹介!~前編~

2018年02月24日

皮膚感覚の実験をしました! 

 
 
みなさんこんにちは晴れ 
栄養士科助手の谷村です乙女座 手 (チョキ) 
 
今回は解剖生理学実習の授業内容をご紹介しまするんるん (音符) 
栄養士のお仕事は人の健康にかかわるので、人体のつくりや機能を
きちんと理解することも必要です(^^)手 (パー) 
 おもしろい実験をしたので前編・後編でお届けしますね~目 
 
 
まずは、皮膚感覚の実験ですダッシュ (走り出すさま) 
皮膚感覚には、触覚・冷覚・温覚・痛覚の4種類あり、
皮膚で感じる点を圧点・冷点・温点・痛点と呼びます。
この感覚点は平等にあるのではなく、皮膚の部位によっても異なってきます!!
そこで、このテストでは「おでこ・手の甲・腕の内側・親指の下」の皮膚に
細~い針糸で刺激を与えて皮膚感覚を実験しますexclamation 
 
 
京都,嵐山,専門学校,栄養士,管理栄養,士実験,実習,解剖生理学,皮膚感覚実験 
京都,嵐山,専門学校,栄養士,管理栄養,士実験,実習,解剖生理学,皮膚感覚実験

痛く感じたところ、触れたと感じたところ、感覚のないところはどこだったかなexclamation and question 

 京都,嵐山,専門学校,栄養士,管理栄養,士実験,実習,解剖生理学,皮膚感覚実験
 
また、温点・冷点の感覚では、温めたり冷やしたりした銅線を使って
先ほどと同じように皮膚に刺激をあたえました危険・警告 (!) 
 
私も実際に行ってみると、おでこは敏感に熱さや冷たさを感じましたexclamation 
例えば熱が出たとき、熱さまシートを額に貼りますよね~(^^)?
一方、親指の下の皮膚は、おでこの皮膚に比べて
刺激に対する感覚はにぶくなりやすいですあせあせ (飛び散る汗) 
 
皮膚の薄さや毛細血管の多さによって感じ方は異なるんですねうれしい顔 
普段、あまり意識することのない自分の身体を、実験を通して
詳しく知ることができます芽 楽しいな~るんるん (音符) 
 
次回は後編!!神経についての実験をご紹介しますグッド (上向き矢印) 
 
 

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/news/20180224kaibouseirigaku/trackback/

  • taiwaの進学相談会へ行こう!