京栄校What'sNew

京栄校What'sNew

食品衛生学実験☆

2019年06月3日

着色料の検査に潜入!

 

こんにちは晴れ

入学式から約2か月たち、6月に入って学生たちもずいぶん学校に慣れてきましたわーい (嬉しい顔) 

今回は、着色料の実験をご紹介します。

食品を美味しく食べるためには
味だけではなく、見た目も重要な要素さくらんぼ 
実は、着色料の中には有害と判明し、使えなくなったものもあるんですdouble exclamation 
この実験を通して着色料の正しい知識を身につけます。
  
まずは、先生による説明&デモンストレーション!
実験の意味や操作方法を学ぶよ目 
   京都栄養医療専門学校

次に各班の作業ひらめき 
今回は、メロンソーダを使用した実験
まず、メロンソーダの中に、10%酢酸(さくさん)液とひもを入れて加熱します。

すると、ひもに緑色がつきます。

そのひもを水で洗い、アンモニア水につけると、アンモニア水が緑色に変化ムード 
   京都栄養医療専門学校
  
次に、薄層クロマトグラフィーという
『色を分離する』方法を使いました。
京都栄養医療専門学校

写真のように、メロンソーダの色が青色黄色に分かれました。

結果、青色の1黄色の4と高さが同じことから、
メロンソーダには、青1黄4の成分が含まれていることが発覚どんっ (衝撃) 
  
協力して実験を行うため、
新しい発見を仲間と分かち合うことができますわーい (嬉しい顔) 

このように、京栄校では実験がたくさん!
オープンキャンパスで京栄校の授業を体験してみよう


この記事へのトラックバックURL

https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/news/coloring-class-1905/trackback/

  • taiwaの進学相談会へ行こう!