京栄校What'sNew

京栄校What'sNew

【授業紹介】高齢者とのコミュニケーション

2020年03月6日

グループワークで楽しく学ぶ!

こんにちはうれしい顔
医療事務・医療秘書科、診療情報管理士科1年生の授業
『メディカルホスピタリティⅡ』に潜入チャペル

この授業を紹介するのは2回目!
前回は社会福祉法人健光園の神取様をお招きした特別授業ぴかぴか (新しい)
今回は本校の小辻先生による特別授業チャペル
「高齢者・障がい者のコミュニケーション法」を学びましたdouble exclamation

まずは言葉の説明から始まったよ目がハート (顔)
身の回りにある「バリアフリー」について考えたよわーい (嬉しい顔)

「バリアフリー」とは・・・高齢者や障がい者が社会生活に参加するうえで
生活の妨げとなる障壁を取り除くためのものexclamation
例えば、車いすの方でも利用できるようなお手洗いなどもその一例ですね♿

学生からは手すりやスロープ、ノンステップバスなどいろんな案が出ましたひらめき
ラップの紙箱にはでこぼこの「W」マークがあるよムード
みんなも実際に確かめてみて目

続いて、高齢者の方への声のかけ方のワークを実践わーい (嬉しい顔)
医療事務さん役高齢者役に分かれて応対練習指でOK
  

まず、「はい、いいえ」で簡単に答えられる質問から初めて、
次に具体的な質問に変えていくことがポイントひらめき
 
例えば、〇〇さんですかexclamation and questionお散歩行きますかexclamation and questionどこまで行きましょうかexclamation and questionなど
1つ1つ丁寧に順序だてて、質問してみよう手 (パー)
ゆっくりはっきり伝えると高齢者の方に伝わりやすいよわーい (嬉しい顔)
京栄校では学生同士で話し合うグループワークや演習があり、
「自分でしっかり考えて主体的に取り組む」から楽しいハートたち (複数ハート)

友達と意見交換したり、わからないところはお互いに助けあったり
できるので、クラスメイトと一緒に学びを深められるよるんるん (音符)

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/news/communication-2020-senior/trackback/

  • taiwaの進学相談会へ行こう!