京栄校What'sNew

京栄校What'sNew

【栄養分野×医療事務分野】コラボレーション授業

2019年09月6日

【授業】嚥下(えんげ)調整食

みなさん!こんにちはわーい (嬉しい顔) 
夏休みが終わり、そろそろ進路を決める頃でしょうかexclamation and question 
 
今日は、京都栄養医療専門学校だからこそできる特別授業をご紹介!
栄養分野医療事務分野の学生が一緒に「嚥下(えんげ)調整食」について学びましたハートたち (複数ハート) 
まず、医療事務分野の先生が「医療機関で働く職種」について説明うれしい顔 

医療機関には診療部・医局(医師)、看護部(看護師)、放射線科(診療放射線技師)、
栄養科(管理栄養士)医事課(医療事務・クラーク・診療情報管理士)など
さまざまな部署があり、連携しながらお仕事しているよチャペル 

医療事務分野の学生は、復習になった人も新たな知識が増えた人もいたようですひらめき 
栄養分野の学生は、病院で働くことや医療事務さんのお話を初めて聞く人が多く、とても刺激的だったようですムード 
講義
次に、栄養分野の学生が作った「嚥下食(えんげしょく)」について学びました!
栄養士科の2年生が「嚥下食(えんげしょく)」について説明ひらめき 
少し緊張しながら、みんなの前で一生懸命発表できましたうれしい顔 
嚥下食とは「かむ力や飲む力の低下がみられる方に、食べ物にとろみをつけるなど、食べやすい形状にする食事のこと」を言いますdouble exclamation 
栄養士科発表
この説明後に、両分野の学生が実際に試食るんるん (音符) 
 
メニューは、ぶりの照り焼き、ロールキャベツ、抹茶ムース、桜もち風ゼリー(^○^)
普通食と食べ比べて、食感の違いを味わいましたハートたち (複数ハート) 
ぶりの照り焼き ロールキャベツ 抹茶のムース 桜餅風ゼリー
将来、病院で「栄養士、管理栄養士、医療事務」として働きたいと考える学生にとって、
お互いの分野のことを知り、視野が広がるいい機会でしたリボン 
京都栄養医療専門学校では、学びが深まる授業がたくさんdouble exclamation 
 


この記事へのトラックバックURL

https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/blog/news/eiyo-iryo-collaboration/trackback/

  • taiwaの進学相談会へ行こう!