大和学園地域健康栄養支援センターとは

 わが国では、少子高齢化や疾病構造の変化が進むなかで、生活習慣および社会環境の改善を通じて、子どもから高齢者まですべての国民が共に支え合いながら希望や生きがいを持ち、ライフステージに応じて、健やかで心豊かに生活できる活力ある社会を実現することをめざしています。

 一方では、質の高い医療や福祉、そして食・栄養を通して、誰もがいきいきと幸せに生きることができる健康長寿社会の実現が喫緊の課題です。そのためには、よりきめ細やかで、かつ早い段階からの長期的な健康と食・栄養に関する支援・指導や地域の健康課題を解決するための多職種が連携した健康づくりの推進、対象者のニーズに応じた多様で質の高い健康増進サービスが不可欠となります。

 このような中、2020年4月、京都栄養医療専門学校に大和学園地域健康栄養支援センター(TAIWAGAKUEN HEALTH&NUTRITION SUPPORT CENTER)を設置いたしました。ご承知のとおり、本校では産学公連携した人々の健康づくりや食・栄養支援、食育活動を継続して行ってきました。

 今後はこれらの活動を継承しながらも、大和学園地域健康栄養支援センターの名のもと、栄養講座、健康料理教室、子育て支援、 食物アレルギー対応事業、高齢者栄養ケア、スポーツ栄養等の事業を通じて生活習慣病の予防と健康増進のための啓発活動や食・栄養に関する情報発信を行います。さらに地域に密着した活動を行い、地域の栄養や健康の課題解決を図りながら、健康長寿社会の実現をめざしたいと考えています。

 またセンター事業を通じて得られる成果を、養成教育の教育・研究に活用することで、より実践的な専門職業人の養成に取り組んでまいります。

校長 影山 弘典

大和学園 地域健康栄養支援センター

〒616-8376
京都府京都市右京区嵯峨天竜寺瀬戸川町18

TEL:(075)872-8500
MAIL:kyo@taiwa.ac.jp