1. 管理栄養士・医療事務を目指すなら【京都栄養医療専門学校】TOP
  2. サポート制度
  3. 学費をサポート
  4. 京栄校特待生制度

京栄校特待生制度

京栄校特待生制度

特待生A・B

京都栄養医療専門学校では、出願者のうち、成績優秀で経済的に就学が困難と認められる方に対して、奨学金を給付しています。卒業後の返済が一切不要で、授業料の全額または一部を免除し、就学を支援するという本校独自のシステムです。

  学科 給付額
特待生A 管理栄養士科 3,920,000円(授業料全額x4年)
栄養士科 1,840,000円(授業料全額x2年)
医療事務・医療秘書科 1,744,000円(授業料全額x2年)
診療情報管理士科 2,374,000円(授業料全額×3年)
特待生B 管理栄養士科 最大 1,200,000円(授業料年間最大300,000円x4年)
栄養士科 最大 600,000円(授業料年間最大300,000円x2年)
医療事務・医療秘書科
診療情報管理士科 最大 900,000円(授業料年間最大300,000円x3年)
給付期間 学科 期間
管理栄養士科 4年間
栄養士科
医療事務・医療秘書科
2年間
診療情報管理士科 3年間
選考時期 第1次入学選考時
応募条件 第1次入学選考およびAO入学選考、指定校推薦入学に出願された方
採用人数 特待生Cと合わせて30名まで
応募方法 本校で定めた特待生・奨学生制度応募申請書に所定の書類を添えて入学願書と同時にご提出ください。(提出書類は返却しません)
※特待生・奨学生制度は、併願可能
ただし併願の場合は、採用のいずれかの奨学金になります。
選考方法 本校の選考委員会より、採用基準に基づいて選考し、採否を決定します。

※指定校推薦入学選考については、在籍高校の進路指導室または本校入学係(0120-144276)までお問い合わせください。

特待生C

学科 給付額
全学科 最大 300,000円(1年間)
給付期間 1年間
選考時期 第1次~第6次入学選考時
(指定校推薦入学選考およびAO入学選考時に申込された方は第1次入学選考時に選考します)
応募条件
  1. 全入学選考の出願者
  2. 職業人として活躍する意欲が高い方
  3. 経済的に学費の支払いが困難な方
採用人数 特待生A・Bと合わせて40名まで
応募方法 本校で定めた特待生・奨学生制度応募申請書に所定の書類を添えて入学願書と同時にご提出ください。(提出書類は返却しません)
※特待生・奨学生制度は、併願可能
ただし併願の場合は、採用のいずれかの奨学金になります。
選考方法 本校の選考委員会より、採用基準に基づいて選考し、採否を決定します。

入学前成績優秀者特待生

学科 給付額
管理栄養士科 最大 1,200,000円(授業料年間最大30万円x4年)
栄養士科 最大 600,000円(授業料年間最大30万円x2年)
医療事務・医療秘書科 最大 600,000円(授業料年間最大30万円x2年)
診療情報管理士科 最大 900,000円(授業料年間最大30万円x3年)
給付期間 学科 期間
管理栄養士科 4年間
栄養士科 2年間
医療事務・医療秘書科
診療情報管理士科 3年間
選考時期 第1次~第6次入学選考時(早期出願、指定校推薦入学選考およびAO入学選考時に申込された方は第1次入学選考時に選考します)
応募条件
  1. 全入学選考の出願者
  2. 最終出身校の成績優秀者
採用人数 10名まで
応募方法 本校で定めた特待生・奨学生制度応募申請書に所定の書類を添えて入学願書と同時にご提出ください。(提出書類は返却しません)
※特待生・奨学生制度は、併願可能
ただし併願の場合は、採用のいずれかの奨学金になります。
選考方法 本校の選考委員会より、採用基準に基づいて選考し、採否を決定します。

入試成績優秀者特待生

学科 給付額
管理栄養士科 最大 1,200,000円(授業料年間最大30万円x4年)
栄養士科 最大 600,000円(授業料年間最大30万円x2年)
医療事務・医療秘書科 最大 600,000円(授業料年間最大30万円x2年)
診療情報管理士科 最大 900,000円(授業料年間最大30万円x3年)
給付期間 学科 期間
管理栄養士科 4年間
栄養士科 2年間
医療事務・医療秘書科
診療情報管理士科 3年間
選考時期 第1次~第6次入学選考時(早期出願、指定校推薦入学選考およびAO入学選考時に申込された方は第1次入学選考時に選考します)
応募条件
  1. 指定校推薦入学を除く出願者
  2. 入学選考の成績優秀者
採用人数 10名まで
応募方法 本校で定めた特待生・奨学生制度応募申請書に所定の書類を添えて入学願書と同時にご提出ください。(提出書類は返却しません)
※特待生・奨学生制度は、併願可能
ただし併願の場合は、採用のいずれかの奨学金になります。
選考方法 本校の選考委員会より、採用基準に基づいて選考し、採否を決定します。

学費についての質問にしっかりお答えします。学費のあれこれQ&A