大学と専門学校、どうちがうの?


皆さんは、専門学校と大学、と聞いてそれぞれどのようなイメージを抱いていますか?

このブログを読んでいる方の中には、高校生で卒業後の進路について考え始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、京都栄養医療専門学校に通う小松玲子が、専門学校と大学の違いについてお伝えします。人生で初めての重大な進路の選択をする上で、今回のお話しが少しでも参考になればと思います。

専門学校と大学の違いは?

大学へ進学するにはいくつかの方法がありますが、これまで一般的にはセンター試験を経て(2020年から新テストが始まりますが……)選抜されるか、一般入試に合格するか、推薦入試に合格する必要などがあります。

一方の専門学校は、学校によって試験方法は異なるようです。多くの場合、書類や面接による選考や試験がありますが、大学と比べると受験しやすいと言えるでしょう。

学びについて、大学と専門学校を比較してみると、大学は学術的な研究を行う場所であり、専門学校はより実践的で実務的な内容を学ぶところ、と区別すると分かりやすいと思います。

さらに詳しく見てみると、大学は卒業に必要な単位は124単位以上とされています。専門的な授業だけでなく、一般教養科目が卒業単位の40%を占めるように、幅広い知識を身につけることができます。

大学の大きな特徴としては、高校のように決められたカリキュラムの中で学ぶのではなく、自分で時間割を決めて、卒業に必要な単位をとるというところです。自由度は高くなりますが、自己責任が伴うシステムになっています。

専門学校は、名前のとおり専門校育が授業の大半を占めています。卒業後はすぐに即戦力として働くことができる人材を育成するというのが目的です。授業のほとんどは専門教育や実習となっており、職業との結びつきが強いのが特徴です。また、卒業に必要な履修時間は一般で800時間以上、夜間の場合は450時間以上とされています。

大学に通うメリットとは?

次に大学に通うメリットについて見てみたいと思います。

ここでは4年制大学について話をしていますが、学生生活に関しては、4年という期間でじっくりと学ぶことができ、専門学校に比べるとカリキュラムが忙しくないため、サークルやバイトなどの両立も可能です。

また、前述の通り大学では資格や就職に関する専門的な学びだけでなく、様々な科目を履修することが可能です。学部や学科を多く持つ学校では、他分野の授業を受けることも可能でしょう。自分の興味のあることに合わせて、幅広く学ぶことができるので、多くのことに興味がある人はとても面白いと思います。

就職に関しては、インターンシップ制度を活用してさまざまな経験を積むことも可能ですし、やりたいことが決まっていない方は、時間をかけて将来の自分探しに取り組むことができるでしょう。

専門学校に通うメリットとは?

専門学校に通うメリットといえば、まずは自身の希望する分野の専門的な学びを徹底的にできることではないでしょうか。同分野でも大学では、一定の一般教養科目など、専門分野以外の学びも必要となります。幅広く学べると言えますが、専門学校では専門性の高い、より実践的な学びを集中してできる点はメリットといえるでしょう。

また、専門職への就職率や、就職のサポート体制も魅力の一つです。卒業後は、学んだことを全て仕事の中で実践でき、早い時期から即戦力となれることは大きな強みになりますし、在学中は現場に役立つ資格も多く取得できるため、就職後は早いスキルアップが期待できるでしょう。

私は高校入学当初は、なんとなく自分は大学へ進学するもの、と考えていました。そこでなぜ専門学校に進むことを選んだのかというと、祖母が病気がちだったことと、父の生活習慣病がきっかけで、栄養士になって多くの人の健康に貢献したい!と思ったからです。

私は小さいころから「これがやりたい!」と思ったら、目標に向かってとことん進む性格なのです。栄養士になるには、大学進学も候補に考えることはできたのですが、2年間で栄養士に必要な資格や実践力を身につけることができる専門学校が、すごく魅力的に感じました。

今は、着実に栄養士という目標に近づいていることを実感しますし、専門学校を選んで間違いなかったと思っています。

大学、専門学校とそれぞれの魅力があるので、その違うをしっかりと踏まえて、進路選択をするのが重要だと思っています。

【参考サイト】

大学と専門学校の違い

http://melos-stage.com

大学?短大?専門学校?先輩たちにそれぞれのメリット、デメリットを聞いてみた!

https://shingakunet.com/journal/column/7711/

学歴別求人初任給

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/var/rev0/0147/2085/201835185455.pdf

Recommend
No articles