医療事務の中には「クラーク」という役割もある


医療事務の仕事にはおおきく分けて2つあるというのは、同じ2年の井上麻衣さんが書いていましたよね。ひとつは受付や会計などの患者さんと接する業務、もうひとつはレセプト業務で支える業務でした。今回はそこにもうひとつの役割をお伝えしたいと思います。それは「クラーク」という役割です。

医療事務には「クラーク」という仕事があるってホント?

「クラーク」を直訳すると「事務員」という意味なのですが、こと医療事務の仕事の中での「クラーク」とは、特に医療職と呼ばれる医師や看護師のサポートを中心に、その医療職の業務を支える仕事のことをいいます。少しわかりにくいかもしれませんが、以前は医師や看護師がおこなうことが当たり前とされていた業務のうち、事務関係の業務を事務のスペシャリストとしておこなうのが「クラーク」の仕事ですぴかぴか (新しい)

医療事務の仕事「クラーク」には2種類ある

「クラーク」には「ドクターズクラーク」「メディカルクラーク」があります。医療職のサポートやその仕事現場を支える仕事が「クラーク」なのですが、サポートの対象が違ってきます。

  • ドクターズクラーク

その名のとおり、サポートの対象はドクター=医師です病院

この「ドクターズクラーク」は「医師事務作業補助者」ともいい、規定の条件に当てはまる施設が、この役割の担当者を配置した場合には、保険点数を算定することができ、医療機関の収入になる仕組みができています。算定の対象にならない医療機関でも、医師が診療など医師しかできない業務に集中できるということで、「ドクターズクラーク」を置く施設は増えています。

では、これまで医師自身がおこなっていた業務のうち、クラークが代行したり、サポートできる事務関係の業務ってどんな仕事だと思いますか?先の保険点数を算定しても良いと規定されているのは次の4つの分野の業務です。

  • 診断書などの文書作成補助

例)患者さんからの依頼でさまざまな提出先への診断書作成や他の医療機関や医師宛の紹介状の作成

  • 医療の質の向上を助ける事務作業

例)診療データの整理、統計や調査、カンファレンスの準備など

  • カルテなどの診療記録代行入力

例)診察に同席して電子カルテなどを入力する業務

  • 行政上の業務

例)症例の調査など行政への報告書類の作成業務

わたしが「クラーク」に興味を持ったきっかけになったのが、自分が受診した先で、カルテの入力をしていた「ドクターズクラーク」の仕事を知ったことだったんですよねexclamation 医師とわたしの診察に同席されていて診察に進展があると、入力されていましたパソコン きっと事務としての能力も高くて、医療の知識も身につけられていて、医師や看護師のような専門職と同じフィールドで仕事されているなんて、かっこいい~!と思ったものです指でOK

  • メディカルクラーク

広い意味ではいわゆる医療事務全体をさすこともあると思いますが、「ドクターズクラーク」と比較したときの「メディカルクラーク」の仕事とは、看護師が主に働く現場をサポートする役割、つまり外来であったり病棟であったりです。中には特定の診療科に設置してあることも考えられます。その現場現場を支えるという意味で、「外来クラーク」や「病棟クラーク」、「○○科クラーク」として設置されています。一般の医療事務の受付のような業務も兼ねているので、患者さんやそのご家族、付き添いの方に直に接する仕事でもあります。こうした場では受付や会計業務同様に、相手の立場で「面会家族の対応」など重要なので、マナーや接遇が身に付いているかが重要になりますひらめき また担当している現場での事務業務もありますので、決められた時間の中で指示された事務業務を適確にこなしていく力が問われそうですね。

医療事務からクラークになるには?

一般の医療事務の経験やそのために勉強したことをクラークに活かすことは十分に可能ですわーい (嬉しい顔) いえむしろ、その知識や経験は必ず役に立ちますdouble exclamation というのも、2つの仕事は一見全く別の仕事のように見えますが、それぞれに共通することも多いのです。

医療の現場で仕事をするということは、一般の企業での事務職と違い、医療やその制度の知識を持っていてそれを活用できるかどうか、という点が重要です。医療事務もクラークも、その資格がないとなれない職業ではありませんが、実際に仕事をする現場でそういった知識や技能が身に付いていれば、仕事がスムーズに運ぶに違いありません。

クラークは一般の医療事務に比べ、医療現場が職場なので、より医療そのものに近い業務といえるかもしれません。医療事務としての経験やそのための勉強を基礎部分として、より深く勉強していければいいですねぴかぴか (新しい) そうした知識や技能が身に付いているかどうかを確認するにも、それを証明するにも、資格取得を目標にしてみるのもひとつの方法ですよ鉛筆 わたし自身も今いろんな分野の資格取得に挑戦しています手 (グー) ダイヤ