「病院」で働く
管理栄養士・栄養士に
なるには

病院栄養士
栄養のプロとして患者さんの健康を支えよう! 栄養のプロとして患者さんの健康を支えよう!

患者さんの理想的なケアに向けて、様々な医療専門職が連携する「チーム医療」。現在の医療現場で注目されるチームの中で栄養管理を担うスタッフとして活躍できる実践力を磨きます。

仕事内容

働くフィールド

  • 病院
  • クリニック
  • 医院
  • 診療所 など

主な業務内容

栄養ケア・マネジメント

NST(栄養サポートチーム)の一員として、医師や他の医療スタッフと連携して入院や外来の患者さんへの栄養管理や栄養指導を行う。

NST(栄養サポートチーム)とは

NSTとは管理栄養士と医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士などが連携する栄養サポートチームのこと。病院などで患者さんを栄養面から治療します。管理栄養士はNSTの中心的存在として、現代の医療業界から求められています。

給食経営管理

栄養価計算された安心・安全でおいしい食事の調理と提供を行う。

など

業務の分担としては、
主に管理栄養士が栄養管理や栄養食事指導を、栄養士はフードサービスを担っています。

連携する他職種

  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 診療放射線技師
  • 事務職員 など

必要な能力

病院で働く栄養士には、患者さんの理想的なケアに向けて、様々な医療専門職が連携して取り組む「チーム医療」の一員としての働きが求められます。様々な医療専門職が連携するチームの中で、患者さんの健康を栄養面から支えることができる能力が必要です。

学びのポイント

臨床栄養に関する知識

病院の患者さんの病気の治療や予防のために、最も適した栄養指導や食事療法を行える能力を学びます。

コミュニケーション能力

「チーム医療」では医師や看護師など、さまざまなスタッフとスムーズに連携しなければならないため、コミュニケーション能力を必要とします。また、栄養カウンセリングでは患者さんの行動変容を促す能力が欠かせません。

目指す方法

まずは管理栄養士、栄養士の資格を取得することが必須。資格取得後に病院へ就職し、病院での栄養士として活躍していく。

「管理栄養士」「栄養士」
資格取得について→詳細はこちら

Teacher's Voice

元病院管理栄養士
澤村 敦子先生

患者さんに相談される管理栄養士をめざしましょう。

病院で働く管理栄養士は、病院の治療や予防に直接携わるので、たくさんの知識が求められます。同時に患者さんにとっていつでも相談できる存在であることも大切。だからこそ、学生の間に幅広い経験をしてコミュニケーション能力を磨いてください。

京都栄養の「管理栄養士科」について 詳細はこちら

京都栄養の「栄養士科」について 詳細はこちら

病院の管理栄養士・栄養士を
詳しく知れるオープンキャンパス!

詳細はこちら