「保育園」で働く
管理栄養士・栄養士になるには

病院栄養士
食事から児童の成長を支えよう!! 食事から児童の成長を支えよう!!

乳幼児の離乳食やアレルギー食など、
栄養面に配慮しながら子どもたちの成長と「食育」
を意識した給食づくりや栄養指導を行います。

仕事内容

働くフィールド

  • 保育園
  • 幼稚園
  • 児童福祉施設
  • 公務員 など

主な業務内容

  • 健康とアレルギーに配慮した給食の献立作成
  • 給食の調理
  • 食材の発注
  • 園児への食育
  • 保護者対象の食育活動
  • 給食便りの作成 など

連携する他職種

  • 保育士
  • 調理師 など

必要な能力

子どもたちの健康を支えるために、安全・安心でおいしい給食づくりができる能力は必須。栄養面に配慮した献立作成能力や調理技能はもちろん、アレルギーへの対応や好き嫌いなく食べてもらえる工夫なども求められます。また、成長に合わせて健康的な食生活を継続できるよう食育にも力を入れている保育園は多いため、食育の知識も必要となります。

学びのポイント

食事づくりの力

保育園などでは、食事は毎日の楽しみの一つ。おいしいことはもちろん、栄養価の高い食事を考え調理できる知識と技能が求められます。また乳児期から幼児期など成長に応じた献立作りと調理も必要です。

食育の力

子どもたちに食べ物に関する知識の指導をしたり、一緒に食事づくりを体験したり、保育園の栄養士には健康的な食生活を送れるように食育を行うこともあります。正しい食の知識を教えられる能力を身につけます。

目指す方法

まずは管理栄養士、栄養士の資格を取得することが必須。資格取得後に保育園へ就職し、保育園での栄養士として活躍していく。

「管理栄養士」「栄養士」
資格取得について→詳細はこちら

Teacher's Voice

元国立病院栄養管理室長
石伏 穣先生

安心・安全でおいしい食事を提供できる総合力を磨こう。

児保育園の管理栄養士・栄養士として働くためには、献立作成や調理はもちろん、食品衛生やコミュニケーション能力も必要。給食マネジメントの総合力を磨き、安心・安全でおいしい食事を提供できる栄養のプロをめざしましょう。

京都栄養の「管理栄養士科」について 詳細はこちら

京都栄養の「栄養士科」について 詳細はこちら

保育園の管理栄養士・栄養士を
詳しく知れるオープンキャンパス!

詳細はこちら