1. 管理栄養士・医療事務を目指すなら【京都栄養医療専門学校】TOP
  2. 就職
  3. めざす職種(栄養系)
  4. 「スポーツ分野」で働く管理栄養士・栄養士になるには

「スポーツ分野」で働く
管理栄養士・栄養士になるには

病院栄養士
スポーツの現場で活躍できる栄養のスペシャリスト! スポーツの現場で活躍できる栄養のスペシャリスト!

スポーツ栄養学の知識をもとに、
身体づくりや怪我予防などを総合的に考え、
栄養補給や食事の指導をします。

仕事内容

夢がある活躍できるフィールド!

スポーツ分野の栄養士は身近なスポーツクラブやプロチームまで活躍できるフィールドがたくさん!
経験を積めば有名スポーツ選手専属の管理栄養士・栄養士もめざせる、夢があるお仕事です。

京都栄養の卒業生はプロチーム、実業団、高校・大学、病院など様々な場所で活躍しています!

スポーツ選手を栄養面でサポート!

栄養状態のチェックから食事提供・セミナー開催など、選手を栄養面でサポートすることが主な業務内容です。
京栄栄養ではで京都などのスポーツチームのアスリートに対して栄養サポートを行う希望性の課外プログラムを実施しています。

関わる人も多い?スポーツ分野の栄養士

スポーツ分野の栄養士は選手以外にも多くの人と関わることがあります。
監督やコーチはもちろん、スポーツドクターや理学療法士、薬剤師など、医療サポートをする方とも連携し最適な栄養サポートを行います。

主な業務内容

  • 栄養管理
  • 食事指導 など

連携する他職種

  • スポーツドクター
  • 監督
  • コーチ
  • トレーナー
  • スポンサー企業 など

必要な能力

スポーツの現場で活躍できる管理栄養士・栄養士には、競技ごとの特性に合わせて選手のパフォーマンスを最大限高めるための、栄養サポートが求められます。そのため、スポーツ栄養の知識に加え、競技への理解や、選手の心理状態に合わせたサポートなど、多岐に渡る能力が必要とされます。

学びのポイント

スポーツ栄養を学ぶ

種目別の運動量や体格の差に合わせて献立の作り方をはじめとした、スポーツに関わる幅広い栄養の知識と技能を学びます。

現場で活用できる応用力を伸ばす

多様な専門知識を複合的に活用し、各選手に合わせた献立作成や栄養指導ができる力を身につけます。

スポーツ分野を学ぶ先輩の声

管理栄養士科在校生

スポーツ選手のパフォーマンスと
栄養の関係を学びたかった!

スポーツの競技において、どんな食事をどれくらい食べればパフォーマンスの向上につながるかなどを学びたくて、このプログラムを選びました。一人ひとりの選手にあわせて献立を作成し、すばやく調理できる力を身につけたいですね。

先生からのメッセージ

公認スポーツ栄養士
管理栄養士 修士(スポーツ科学)
増田 友輔先生

現場の事例をもとにした実践的な授業で力を伸ばそう

スポーツ分野の管理栄養士は、トップアスリートやアマチュアのスポーツ選手から、健康のために運動に取り組む一般の人まで、さまざまな人をサポートする職種です。その責任や姿勢を伝え、やりがいや楽しさも理解してもらえるよう、現場の事例をもとにした実践的な授業を心がけています。

京都栄養の「管理栄養士科」について 詳細はこちら

京都栄養の「栄養士科」について 詳細はこちら

スポーツチームの管理栄養士・栄養士を
詳しく知れるオープンキャンパス!

詳細はこちら